真中つぐ(エムズ広報)の初心者向けアダルトグッズコーナー!|Vol.8

「アダルトグッズデビューしたいけど買う勇気がない」「彼や家族バレしたくない」「何を買えば良いかわからない」etc.アダルトグッズ初心者の疑問に『大人のデパート エムズ・広報の真中つぐさん』がお答えする人気連載企画♡ 初心者&女性目線でユーザーが「買ってよかった♡」と安心できるアイテムを月1で紹介していきます。今月は特別企画!【みんなのアダルトグッズの質問にお答え! 後編】です。今回は業界裏話や真中さんのキャラについて多く寄せられた質問にまとめて回答してもらいました〜!

 

●大人のデパート『エムズ』とは?

あらゆる大人のおもちゃ、コスチューム、ランジェリーが手に入っちゃう、その名の通り大人のデパート♡ 真中さんがスタッフとして入ることのある秋葉原店は女性ひとりでも入りやすい明るくてオープンな雰囲気が魅力。真中さんを見つけたらコスプレやグッズや相談するのもオススメです。お店へいくのが恥ずかしい場合は、公式HPからも購入可能なのでぜひチェックを。

(公式URL:https://www.ms-online.co.jp/

 

●真中つぐさんとは?

「可愛すぎる!」と業界内がザワついた、大人のデパート『エムズ』の美人広報。プライベートではコスプレイヤーとして活動中。ちなみにTwitterフォロワーは約13万人! 超人気コスプレイヤーです。

Twitter:真中つぐ@エムズ広報

@tugu_kanden
  

Q1・働いていてセクハラされたことってありますか?

A・ありません

この業界の人たちってみんな仕事でやっているだけなので、じつはそんなにエロくないんです。だから私のオナニーやエッチな話にも、そこまで興味がないんです。私が仕事でおもちゃを使っていることはみんな知っていることだし、お仕事なので恥ずかしげもなく話すので、そこをセクハラしてくるってことはないですね。仕事としてやっている感じも伝わっているのかもしれません。この業界は、エッチなワードもエロではなくなっているので、そうなってくると何がセクハラなのか? もはやよく分からなくなってきてます。

  

Q2・最近のオススメアイテムは?

A・TENGA SVS スマートバイブスティックです

よく「ローターやバイブってバッグの中で誤作動するから困る」って話を聞くので、ケース付きで持ち運びに便利なTENGAのSVSを紹介しようと思って持ってきました♡ ポーチにスッポリおさまるし、シンプルなデザインなのでパッと見アダルトグッズと思えないのもポイントです。しかも、男性の指よりちょっと太いくらいのサイズなので、指の延長みたいな感覚で男性が使いやすいんです。先端を当ててローターとして使ってもいいし、ローション付ければ挿入もしやすい、さらに45度に曲がるのでGスポットに当てることができる優れものです。振動もパワフルで、MAXは上級者向けの振動!  これひとつあれば、色々重宝します。

 

TENGA SVS スマートバイブスティック

 

Q3・お買い物中、もし不審者につきまとわれてしまった場合は?

A・スタッフがそのときに合わせた対応をします

エムズには各フロアごとにスタッフがいるので、お買い物中に不審な人がいたらフロアや1Fのスタッフに声をかけてください。追いかけられたり、つきまとわれてしまう可能性もあるので、その時に合わせた対応をさせてもらいます。過去の例としては、駅の改札やタクシー乗り場までお見送りしたこともあります。エレベーターの中でふたりきりになるのを極力避けたいという人は、最初に6階まで上がってもらって、そこから各階を見ながら階段で降りてください。それでも心配な場合はセラピストさんとデートで来たり、ネットを利用するのをオススメです。

 

Q4・なんでそんなに可愛いの?

A・なんなんですか!? この質問は⁉︎ 

こんな質問、どんな回答しても叩かれるじゃないですか。それに、そんなふうに言ってくださっても、語れる美容なんて何にもやってないです! 食事は何にも気を使ってないですし、夜中でも食べたいものを食べてます。強いていえば……、我慢しない。甘やかしてくれる人の近くにいるだけです。後は……、常におもちゃに囲まれているから。好きなときに好きなおもちゃを使えるので不満がないです。こんなのでいいんですか? この質問に関して何が正解なんですか?

 

 最後に

最後の質問に照れる真中さんとっても可愛かったです。また、真中さんへの質問企画を予定しているので↓までどんどん送ってくださいね!

 

アダルトグッズの質問&お悩み募集!

・可愛いアダルトグッズを知りたい

・吸引系が気になるけどオススメは?

など、初心者ならではのお悩みや相談を大募集!

他にも、真中さんに聞いてみたいことがあったら以下にメールをお送りください。

info@kaikan.news

 

 

 



オススメ記事