貪欲な子宮

「セックスでイッタことが生まれてこのかた一回もないの」

この台詞を男性に言うと、「マジでぇ?嘘だろ?」とか、「かわいそうだね」と、必ず言われる。嘘だろ?はなんとなく理解できるが、後者の「かわいそうだね」と言う言葉は胸に針が刺さる。

(私ってかわいそうな女なんだな)女だったら最高のセックスをしてエクスタシーを得たい。どの女性もそうだと思う。愛する男とのセックスはでは心まで気持ちがいいだろう。普通なら。

セックスでイッタことがない私は『この男なら』『この男なら』『この男なら』イケるかも。

と思い、ふしだらに身体を許し、全く好きでもない男とセックスを重ねた。

いっとき、5人くらいセフレがいたが、それでもイケなかった。セックスをやたらとする理由は『自己肯定』だったのだ。

女として認められたい。私を必要としてほしい。

そんな感覚で最初からセックスに臨んだので、イクことを知らずに大人になったしまい、挙句子どもも産んだ。

何かが、劇的に変われば、イケるかも。

愛する男性としたらどうなのか。

確かに感慨はあったが、愛する男としても結果は同じだった。

誰としても同じでセックスで満足を得たことがない。

そんな無謀なセックスをするくらいなら、オナニーで十分ではないか。セックスをした後、火照る身体を持て余し、ひっそりと、ローターをあてがう。

イケなかったから、なんとかしてでもイキたいという自己防衛なのだろうか。

男性に女性が本イキするのってわかるの?と、訊ねたことがある。

わかるってゆう人もいれば、全くわからない。

俺、女じゃねーし。

と意見が分かれた。

本イキをした女性はなんと、失神をして白目を剥いたそうだ。

泡を吹いた女性もいると聞くからそれは驚いた。

失神をした女性は3分ほどすると目覚めるそうだ。失神をしてみたいものだ。

外でいけるだけまだマシだ。とも言われたことがある。

外でもイケない女性もいるとゆうからそれもまた驚いた。

女性も男性も皆一様に身体のつくりも感情も違う。

イク、イカない。

それも自然なことだろはわかっている。

けれど、イクと快楽が目の前にあるにもかかわらず、イケないなんて何てこうも不条理なのだろうかと、ずっと思い悩んでいる。

だからセックスにこだわり、常に追求をしてしまう。

セックスの相性。何て言うが、そもそも相性って男性の性器の大きさに比例するのと思う。

性器が大きいと、イケるかも!と刹那思う。

いや、性器の大きさじゃないよ、性格や容姿だよ、と言ってイケメンと付き合うとイケメンは腰を振ってくれず、セックスがあまり上手ではない恐れがある。(経験済み)

イケメン恐怖症である。

かと言って、どうでもいい男としてもイケないし、好きな男としてもイケないし、私はこの先も、自分の子宮に相談をしつつ、男性を探しもとめるのだろうか。

男性放浪記が終わるとき、そのときがやっと、イケるときなのだろうか。

性欲は死ぬ寸前まであるとゆう。

男性は死ぬ前に勃起をするらしいし、女性の性欲も全く年齢は関係ない。

老夫婦が手をつなぎ買い物をしている光景を見かけるたびに、(ああ、最高の伴侶と添い遂げるのね)と、私は僥倖な眼差しを向ける。

果たして、私はこれからそのような伴侶に出会えるだろうか?



オススメ記事