女のセックスは30代から!アラサー女子は年下男子を狙え

女性が一番「熟れる」時期は、20代よりも30代と言われています。

とくに30歳前後である「28~35歳」は、女性にとって一番セックスが盛り上がる時期です。

この年齢の女性は年下を狙えと言われています。

男性が絶好調の時期は10~20代のため、バランスがいいからです。

今回はセックスしたい30代の女性は年下男子を狙え!ということで、20代男子の捕まえ方をご紹介します。

まだ30代じゃない女性も、40代、50代の女性も年下男子を狙う際の参考にしてみてくださいね。

■年下男子は下の名前で呼ぶ
年下男子と仲良くなるためには、とにかくフレンドリーに接して「話しやすい人」と思ってもらうことが大事です。

そのため、知り合ったらなるべく早い段階で下の名前を聞き出し、苗字ではなく下の名前で呼ぶようにしましょう。

このとき、意外にも男子は「下の名前で呼ばれても嫌な気持ちはしない」そうで、むしろ気軽に話しかけることができる、打ち解けている気がする、と好評価です。

馴れ馴れしい態度で接すると逆効果ですが、話しやすい年上のお姉さんと思ってもらえるようにしましょう。

■若作りしない
30代や40代になると、自分の外見に自信がなくなり「若作り」しようとする女性が増えます。

実はこれは逆効果です。

なぜなら、年下男子は30代の女性に、20代の女性の若さは求めていないからです。

目指すべきは、30代で清潔感のあるナチュラルなお姉さんです。

年相応の服装やメイクが好まれます。若作りしても、老けすぎていてもいけません。

というのも、20代男子には「年上のお姉さんが好き」という層が一定数いて、その人たちは30代の女性を求めているからです。

「私は年上だから…」と気負う必要はなく、堂々としているのが一番受けがいいです。

年甲斐もなくギャル風のメイクをしたり、つけまつげをしたり、という「柄にもないこと」をすると、せっかくの魅力が失われてしまうのでやめましょう。

■男を立てる
現在の20代男子は「男女平等」と言われて育ってきた世代です。

女性と対等な関係で接する人が多く、それが当たり前だという認識があります。

そのため、特別扱いされると弱いという側面を持っています。

「男だから」とチヤホヤされると舞い上がってしまうのです。

このようなタイプは、女性が半歩下がって歩き男性を立てるという文化に慣れていないため、大変喜びます。

仕事などで「花を持たせてあげる」「成果を譲る」「みんなの前で褒める」など、評価が上がるように手助けしてあげると好意を持ってもらいやすいです。

ほかにも「男らしいね」「かっこいいね」「たくましいね」などの褒め言葉にも弱いです。とくに男性は自分を褒めてくれる人には好意を抱きやすいので、たくさん褒めましょう。

気が利く優しいお姉さんを演じて仲良くしているだけで、彼らは本気にするでしょう。

とくに恋愛経験の乏しい男性は落としやすいので「年下なんて無理」と思わず、アタックしてみましょう。



オススメ記事