知ると倍楽しめる!女性向け風俗の暗黙の5つのルール

出張ホスト、性感マッサージ、レズデリバリー・・・。多くの女性向け風俗店が存在するが、今回は男性がキャストとして働く風俗店について。

    • 偽名でも予約可能



電話一本で即座に予約可能という、初心者でも簡単に利用できる風俗店が殆どだ。その際、本名でも偽名でも予約可能で、プライバシーは守られる。

    • キャストの甘い言葉は仕事



綺麗だね、可愛いね、と褒められたり抱き締められたりするが、それはあくまでも仕事なのである。キュンとして、女性ホルモンが放出され、相手に愛着がわくことがあるが、その時間だけにおさめておこう。

    • 一人のキャストを指名し続けなくてもいい



女性はいろんなことを気にしてしまう。お気に入りのキャストがいるけど、他の人を指名したら彼にバレちゃうんじゃないか?それを知ったら良い気分はしないんじゃないか?とか。店のスタッフは口外しないので、バレる心配はありませんし、そもそも彼氏ではないので、いろんなキャストと遊んでいいのです。逆に、一人の男性に執着し易い女性の特性を考えると、一人に絞るより多くの人と遊んだ方がいいのではないだろうか。



    • 君だけだよ=君もだよ



風俗遊びでよくあるのが、女性を喜ばせるための「君だけだよ」というキャストの言葉。相手に優越感を与え、次の指名に繋げるのだ。所謂、色恋である。女性は「自分だけ」という特別感に弱く、つい信じてしまいがちだが、その言葉は他にも言っている。貴女だけではない。執着し過ぎず、その場の疑似恋愛を楽しもう。

    • プライバシーを尊重する



キャストとは言え、プライベートがある。利用者側にも踏み込んで欲しくない部分はあるはずだ。女性は、気になる人が出来ると、もっとその人の事が知りたいと思い聞きたくなるが、心に留めておこう。女性向け風俗は、男女の特性を考えるとデリケートな部分を突いた遊びと言える。ましてや、彼氏のようなドキドキ感を味わったり、裸で触れ合うと、女性は相手を特別視してしまう傾向にある。男性向け風俗のように、出して終わりではないのだ。しかし、美容と心身の健康のために割り切って利用することが出来れば、明日への活力になる。お店は賢く利用したい。



オススメ記事