何を持って行く?女性向け風俗店の利用『あると便利な物5つ』

出張ホスト、性感マッサージ、レズビアン・・・。女性向け風俗店を利用する時に、持っていると便利な物をご紹介します。

化粧ポーチ


キャストとホテルに行く場合、ベッドで大いに盛り上がり乱れる事がある。また、お風呂でまったりすることもあるので、帰宅時の化粧直しは必須。特に、アイブロウとファンデーションを持参することをオススメする。

マスク


女性向け風俗店が増加しているとは言え、まだ世間的に認知されてはいない。

男性の場合、風俗店に入ったりキャバ嬢と歩いている姿を見ても、暗黙の了解の如くスルーされることが多いが、女性の場合は、見知らぬ男性と仲良く歩いていたり、自身と年齢もタイプも違う男性と一緒にいる姿を見られて誤解を招くとロクなことがない。

マスクやサングラスで目立たないようにする事も、時には大事だ。

膣洗浄器


女性は、体調や生理周期によってオリモノが増加する時期がある。特に排卵期には、卵の白身のようなオリモノが多く分泌される。

それが気になる時は、当日、前もって膣洗浄を行っておくといい。それが出来ない場合は、ホテルに入ってすぐに膣洗浄器を使用する。洗浄した後は膣内から洗浄液(精製水)が流れ出るので、早めに行なっておこう。

膣洗浄器には、ジェルタイプと精製水タイプがあるが、当日使用する場合は精製水タイプがオススメ。膣洗浄を行うと、良い菌も洗い流してしまうので、菌のバランスを保ち膣内環境を良くするためには頻繁に使用しない方がいい。本当に気になる時だけにしよう。

オリモノ用シート


ホテルでマッサージを受ける時、オイルやローションを使用することがある。施術後にシャワーで流しても流し切らない時があるので、下着を汚したくない場合はオリモノ用シートを使用するといい。ラブホテルにはオリモノ用シートが常備されているところがあるが、シティホテルには基本的に置いていないので、バッグに入れておくことをオススメする。

いつもの香水


これは特に、家族のある女性や彼氏がいる女性に必要なもの。キャストが香水を付けていたりホテルのボディソープに香りがあると、その香りが移る。貴女の身近な人はいつもと違う香りに気付いたり、不審に思うことがある。

一度疑い始めると、それが不信感につながってしまうこともあるので注意しよう。貴女のパートナーがキラキラのラメをスーツに付けて帰ってきたら、女の影を疑いますよね。それと同じ。筆者も、この類いの経験は多々・・・。(笑)



オススメ記事