【必読】賢い遊び方提案!女性向け風俗をハマらず楽しむポイント4つ

女性向け風俗を利用するにあたり、最初の一歩は思い切りが必要だが、一旦利用し始めると、逆にハマってしまう人が多く見られる。

例えば、「夫とのセックスレス」という理由から利用し始めた場合。彼女自身の性的欲求が満たされ、心に余裕が出来たせいか夫との性生活も復活。しかし、お気に入りのキャストがいて風俗遊びがやめられない・・・ということがあるのだそう。問題が解決したのに、新たな問題ができたのだ。

そこで、今回はハマらずに楽しむ遊び方を提案する。

1、お気に入りキャストは2人以上


女の特性上、優しくしてくれる男性に執着し恋心を抱いてしまうのはよくあること。

ひとりの男と一生一緒にいたいと思うのが、女性の本能。人類進化の過程で、生き残れる子孫を産むために、より強い男との子どもを大切に生み育てたいというのは当然のこと。一方、男性は、数多くの女性に自分の子どもを産ませるために関係を持ちたいという。

本能であり仕方ないのだが、女性向け風俗で遊ぶ場合は、キャストは貴女の夫ではないので、1人にハマらないようにお気に入りを2人以上作るといいだろう。

2、月々の使用額を決める


よく問題になるのは、風俗に費やすお金。限度額を決めないと、いつのまにかお金が底をつき、後悔することも。

利用頻度と月々の使用額を大まかに決めておくと、そのような問題を避けられる。女性は生理もあるので、一か月毎にだいたいの計画を立てておくといいだろう。

3、時間内で割り切って楽しむ


ただ性欲を発散するだけでなく、心も癒す女性向け風俗。接客パターンはキャストによるが、疑似恋愛を取り入れている人もいる。

女性は、1にもあるように、本能からひとりの男性を愛したいと思うので、キャストから優しくされるとつい好きになり執着してしまうことがある。

しかし、そこはしっかりと割り切り、時間内を思いっきり楽しみ満喫したら、終了のタイマーと共に終わり。貴女がお金で買った時間とサービスはそこまで。線引きをしよう。

4、自分の生活を守る


日常生活にまで女性向け風俗が入ってきてしまうと、生活リズムが崩れ、泥沼にハマってしまう傾向がある。

貴女の仕事や家庭の日常を乱さず、大切にし、キャストとの時間は全く別物だと思って利用することをオススメする。

もし貴女に何かあっても、キャストは守ってはくれない。どんなに甘い言葉を囁かれても、それは仕事だから。女性向け風俗は、あくまでも「遊び」なのだ。




女性向け風俗は、女の特性や本能を考えると、女性側にとってなんとも危ないサービスだと筆者は思う。男性と違い、出すだけではないので、そこに心が入り、本気になってしまうこともあるのだそう。



オススメ記事