レズビアン風俗でこんなことしてもらいたい!上手な要望の伝え方

最近、癒しを求めてレズビアン風俗を利用する人が増えています。女性が好きな女性も利用していますが、中には男性女性どっちが好きかわからない人、どちらも好きな人、レズビアンではない人も多く利用しています。

「レズビアンじゃなくてもレズビアン風俗は利用できるの?」と思われる方は多いですが、レズビアン風俗は性的なテクニックにプラスして、丁寧なコミュニケーションを心がけている店舗が多いため、添い寝や会話、抱きしめるなどのケア的なサービスが充実しています。

今回は思い切ってレズビアン風俗を利用するなら「こんなことをしてもらいたい」という要望をぶつけてみよう、ということで、レズビアン風俗で行っているサービスと、要望の伝え方をご紹介します。

1、レズビアン風俗のサービス


一般的に風俗と言えば、男女問わず“性的なサービス”を提供するお店です。男性は基本的に射精することがメインの目的となりますが、女性の場合は必ずしも「イく」ことが目的ではありません。

もちろん、性感マッサージやヘルスサービス(キスや指入れなど)、レズビアンセックスなどの基本的なサービスはどこも提供していますが、女性のお客さんが求めているのは性的な快感よりも「コミュニケーション」です。

レズビアン風俗は、男性の風俗よりもコース時間が長めに設定されている店舗が多く、それだけ「ゆっくりじっくり時間をかけて人と触れ合いたい」という人が多いからです。

たとえば「一緒にお風呂に入って話を聞いてもらいたい」であるとか、「ベッドで裸で抱きしめ合って眠りたい」「頭を撫でて欲しい」などの性的なサービス以外の要望にも応えてくれます。

「風俗だから性的なサービスしかしない」ということではないので、性的なサービス以外の要望があった場合は事前にお店に伝えるか、キャストにリクエストしてみましょう。

2、性的なサービス不要な場合


中には完全にレズビアンではないけれど利用する、という人もいます。性的対象は男性だけど、人と触れ合いたい、甘えたい、という人です。このような人の場合、利用目的は性的なサービスではありません。

もし性的なサービスが不要である場合も、事前にお店に伝えておくか、キャストにしっかり伝えましょう。基本的にはキャストは性的なサービスをする前提で接客しています。いざ実際にサービスに入ってから拒否するのではなく、不要な場合は不要と伝えましょう。

また、プレイの途中で「なんか違うな」や「やっぱり自分はレズセックスでは興奮できない」と気がついた場合は、素直にその場でお断りしましょう。

3、要望をはっきりさせておこう


レズビアン風俗を利用するまでに、様々な葛藤を乗り越えて覚悟を決める女性も多いです。たとえば、レズビアンであることを誰かに知られるのが初めてであったり、今まで女性に興味があったけどその気持ちに蓋をして生きてきた人もいます。

また、ひとりで生きるのがどうしようもなく辛く、友達も家族も頼れずに誰かに優しく慰めてもらいたい人もいます。ゴツイお兄さんではなく、優しいお姉さんに泣きつきたい女性もいます。

レズビアン風俗を上手に利用するためには「何をしてもらいたいか」また「どんなプレイがしたいのか」をはっきり明確にしてから利用しましょう。

初めての人は様子をみるために、キャストにいろいろと質問をしてサービス内容について説明を受けるのもいいでしょうし、予めお店に電話をして問い合わせをしてもいいでしょう。



オススメ記事