変態エロ好き注目!女性向け風俗で出会える変態キャスト5タイプ

女性向け風俗(今回は、主に性感マッサージ)で働く男性キャストたちについて。彼等は、良く言うと「女性の心と体を癒す存在」で、他の言い方では「女のアソコを舐めまくるエロい変態」とも言う。

いくらエロ好きな人であっても、毎日のようにいろんな女性のアソコを舐めたり乳首を吸ったりは出来ないだろう。やはり、キャストは皆少なからず変態なのでは・・・と思う。

今回は、筆者がこれまで出会った変態キャストをタイプ別に紹介する。

とにかくエロエロ変態


いや〜、どエロ。とにかくエロい。言葉責め、体の触れ方、目線。全てがエロい。エロという言葉はこの人の為にあるのだろう。

筆者も、エロ好きのセックス好きだが、このキャストに当たると、あっという間にエロの世界へ飛んで行き、あっという間にイク準備万端の状態になる。(笑)

このキャストは、きっとこの仕事が天職だろう。

M変態


責められたい願望のある女性が多い為、Sの男はよく見かけるが、M男というのはあまりいないように感じる。

しかし、息苦しいほどの激しい顔騎を求めたり、竿を叩いて欲しいと言ったり、屈辱を味わいたいキャストがいるのだ。

S女の皆様、Mキャストから施術を受けたい場合は、店に問い合わせるのも手かもしれませんね。

ベロベロ舐め変態


とにかく舐めたいキャスト。いるいる〜!

どの性感マッサージ店にも基本メニューにクンニや全身リップが大抵入っているので、言わなくても舐めてもらえるが、この変態の場合、体中、アソコの隅々まで舐めまくるのだ。

クリなんて、しっかり剥いてからコロコロと舐めたり吸ったり。また、膣は、まず入り口を舌先でクルクル舐めながら、徐々に中に入っていくという・・・。

そして、多少汗をかいていても気にせず、ワキも背中も全てを舐めまくる。

それらを興奮しながらじっくり行うキャストは、真の舐め変態だ。

ジロジロ観察変態


乳首、お尻の穴、アソコ。恥ずかしい場所をしーっくり観察する変態キャスト。たまにいる。

特に、アソコは手で広げて指でこちょこちょ弄びながら「ヤラシイ〜。濡れてきたよ〜。」とヤラシイ目つきで見るのだ。

恥ずかしさの向こうに快感があるという貴女にはピッタリのキャストですね。

エロ職人型変態


性感と女体を知り尽くした変態。頭の中は常に女性をどうイカせるか、どう気持ち良くさせるか。このタイプの変態は、長年の経験を積み重ねたからこそなれるのであり、今日明日では到底無理。

普通にただ女性をイカせるのではなく、もっと深くイカせたり、様々なイキ方を女性に体感させる。プロの中のプロ。マニアの中のマニア。

このタイプの変態は、100%性感エロ知識で出来ている。




人間の三大欲求の一つである性欲。エロの世界は奥が深いのだ。



オススメ記事