【実録・女性向け風俗利用】ダイエットに良いってホント!?ライターが体を張って実験した結果・・・

女性向け風俗利用により、女性ホルモンが放出され、肌が綺麗になり若返るというのはよく言われている。

では、痩せるということに関してはどうだろうか?

筆者が勝手に2ヶ月かけて体を張って(自腹で!)実験してみた。

※実験期間は、2018年7月15日〜9月14日の2ヶ月間。

※あくまでも、筆者の個人的な実験であり、正式なものではないのでご注意を。

実験のやり方


まず最初の1か月は、月に1回の利用。

やはり日常のストレスもあるので、0には出来なかったというのが本音だが(笑)、少なく抑えたつもり。

2か月目は、欲するままに4回利用。

生理期間を考慮すると、月4回の利用は多いと言える。

それぞれその1か月の最初と最後に体重を計測し、同じパンツ(ジーンズ)を履き、フィット具合を確かめる。

今回利用したのは性感マッサージで、それ以外の生活は普通に過ごした。

1か月目


7月15日〜8月14日(31日間)

お盆休みがあり、飲み会が多めだったが、特に変わることはなく普通に過ごした。

この期間内に、1回女性向け風俗を利用。

ストレスを活動的に忙しく過ごすことで忘れようとしていたため、セラピストと会った日を除き色気とは無縁の1ヶ月間。

体重は、1.5kg増加し、パンツはウエスト部分が少々きつく感じた。

2か月目


8月15日〜9月14日(31日間)

仕事ややらなければならない雑用が多く、ハードな1ヶ月間。

この期間内に、4回女性向け風俗を利用。

セラピスト(男性)と会うということで、身だしなみを整えたり、ワクワクすることが多かった。

体重は、-1.3kgで、前月増加した分がほぼ戻り、パンツはウエスト部分が少々ゆるく感じた。

肌に関しては、2か月目の方が化粧ノリが良いと感じた。

結果




筆者の勝手な独自調査の結果、女性向け風俗利用は、痩せることに貢献するということが分かった。

理由としては、抱き合うなどの触れ合いやドキドキする時に出るオキシトシンというホルモンが、食欲を抑える働きをすることが挙げられる。

また、セラピスト(男性)と会うということで、無意識のうちに体型を気にして、女性らしい体になりたいという気持ちが影響を及ぼしているのではないかと思われる。

誰かに見られること、異性を意識することは大変重要で、それらが体型維持と美とアンチエイジングに繋がる。

筆者はこの実験を通して、女性向け風俗は決して安いサービスではないが、女性として健康的で魅力的になれるのであれば高くはない、と思った。

 



オススメ記事