「性感マッサージって?何をするの?」そんな貴女のために分かりやすく解説!

女性向け風俗の中の、性感マッサージ。一体何をするのか?どこまでするのか?興味津々だけど、疑問だらけの貴女のために、実体験を混じえて分かりやすく解説する。

性感マッサージとは


性感マッサージは、女性の全身の性感帯を刺激し、性的な快感を与えること。オーガズムに導くこと。

キャストとホテルに入ると、まずはカウンセリングを行い、料金を支払い、シャワーを浴びる。

女性はリラックスしていないと快感を得にくいので、はじめに指圧やオイルマッサージなどで体をほぐしてから性感に入ることが多い。

性感帯予備軍は全身に存在し、撫でる、押す、振動を与えるなどの様々な刺激の種類や、刺激の強弱により、性的に気持ちいいと感じる部分が性感帯となる。

キャストは女性の反応を見ながら、全身をくまなく触れていく。一般的に感じやすいと言われている乳首、首すじ、クリトリスは特に入念に優しく触れる。

何を、どこまでする?


基本的に本番(挿入ありの性行為)は禁止なので、それに至るまでの前戯を時間をかけて行う。

筆者の場合、耳や首すじを触れられながら舐められ、徐々に胸元へ移動し、乳首を指でなぞられながら舌で転がされる。ムード作りの上手なキャストだったため、既にこの時点で気持ちはエロモード。

その後、お腹を伝って更に下へ・・・クリトリスと膣を刺激されながら舐められる。

指を膣に入れ、Gスポットを刺激しながら、時には強く、時には優しくクリトリスを舐められ、吸われる。そうしているうちに、体の奥底から快感が込み上げてくるのだ。

一度イッてしまっても、止めずに刺激を続けられ、更なる快感が押し寄せる。先程よりももっと大きな快感により、頭の中が真っ白になり、全身が熱くなる。何度イッたのか分からない。

キャストの経験値により差が出るが、ひたすら自身の快感に浸っていればいい。これこそが性感マッサージの醍醐味だろう。

キスは?


キスはするのかしないのか、カウンセリング時にどうするか聞かれるので、その時にはっきりと伝えよう。

ノーと言われたところで、キャストは気にしないので正直に伝えるべきだ。

筆者の場合、大抵「その時の流れで」と伝えている。

フェラはする?


女性向け風俗は、あくまでも女性が気持ち良くなる場なので、貴女がしたくなければする必要はない。

フェラは、殆どの店がオプションメニューに入れているので、希望すれば可能。

そして、例えフェラをしたとしても、キャストをイカせなくてもいい。そんなの生殺しじゃないかと思われるかもしれないが(笑)、前述にもあるように、あくまでも女性向け風俗は女性が気持ち良くなる場なのだ。

最後に


女性向け風俗は、女性のストレス発散、性欲発散の場であり、癒しの場である。使い方や思いは十人十色。

貴女は、キャストを信頼し、心を解き放ち、体を委ねれば、これまで感じたことのない快感を体験するだろう。



オススメ記事