「オーガズムを真面目に考える」

 オーガズムとは、古代ギリシア語の「熟する、満ちる」を語源とし日本語では性的絶頂を意味します。男性は絶頂を迎えると射精というわかりやすいサインがあり、射精すると次に復活するまで、時間を要するといいますが稀に、射精してもアソコがビンビンで元気な人もいます。

 女性の場合射精のような終了サインも無く、絶頂までの道のりは複雑ですがイク経験を積み重ねることにより、誰でも何度でもイケる体になることは間違いないのです。このところ夏バテ気味で、私自身調子よく絶頂を迎えられず、悩んでおりました。気持ちいいのにあと一歩ってとこで萎えちゃうという・・・。何が原因か探るべく初心に帰ってこれまでのオーガズム経験を振り返りながら特徴などまとめてみました。

【絶頂を迎える瞬間の表現も各国比べてみると面白い】
 アジア圏だと、悩まし気に息を吐き、あんあん言いながら「イク~」とか「ダメ~おかしくなるぅ~」と絶頂を迎えるのに対し、欧米圏では息をスーハーしながら「カミング」「ファック」「プッシー」て感じで、唇をかみつつ興奮を表現する傾向。イクのではなく、来るとか着いたという感覚なのか、洋物AVを見るとそんな感じ。いずれにしても、オーガズムという最終目的地を目指すのは各国共通のようで、そう考えると奥深く神秘的です。

【イク寸前の体の変化はこんな感じ】
 体に力が入る(足ピン、歯をくいしばる、シーツやベッドのヘリをつかむ)膣口と肛門がギューッと締まってくる膣の筋肉が収縮するため、膣がパクパク動き出す脈が早まり、呼吸が乱れる(できなくなる)、汗ばむ聴覚が鈍くなり物音が遮断される感覚。周りの音や相手の声は聞こえない。体の内部が疼くような感覚、おもらししそう(潮吹きの前兆)

【イクとこうなる、イク感覚は5秒~30秒続く】
 体全体にビクっと力が入った後、ふわ~っとぬける感じ下半身全体がしびれたような感覚頭の中に火花が散る、真っ白になるあらゆるところが敏感になり、ちょっとの刺激でも気持ちいい

【心地よいオーガズムを迎えるために】
 性感マッサージ関連の本を読むとどこにでもあるキーワードを発見しました。それは「血行をよくする、血流アップ、冷えを解消」とのこと。女性だけでなく、男性にも言えたことで、最近彼のアレが不調という場合も単なるスタミナ不足とかではなく、冷えによる血行不良だったりするのかも。手先が冷たい人は精力減退サインが出てると推測します!

 あるAV男優さんは体の為に飲み物は白湯、お腹がすいたらニンジンをかじり、ベストな性欲・勃起力を維持されているそうです。撮影現場でもほとんどお弁当に手をつけないとのことで、実にストイック。でもそうやって自分の体と向き合うのは大事なことですね。蘭姐麗も良くない習慣を改め冷えない体づくりを心がけようと思います。



オススメ記事