上手にイケない女性必見!絶頂を感じるための5つのイク方法

男性にとってのフィニッシュは射精なので、とてもわかりやすいですが、女性の中には絶頂(オーガズム)を明確に感じることができない、という人がいます。セックスは確かに気持ちいいけど、いわゆる「イク」「イった」という絶頂の経験がない人です。

また、オナニーをする際も、いまいちフィニッシュを気持ちよく迎えることができない、という女性は多いです。今回は、そんな女性のための「イク方法」についてご紹介します。

1、女性は刺激よりも…?


まず一番に重要なのが、女性の場合、外側からの刺激だけでイクことはできない、ということです。もちろん、敏感な場所を触る、触られることによって反応しますが、それだけでイクことはできません。これは男性と大きく違う点です。

女性の中には「好きな人とキスしただけでイった」という人もおり、外的な刺激よりも、内的な要因の方が大きく関わってきます。そのため、セックスする相手や環境、その日の気分、また、どんなものを見たり聞いたりするとエッチな気分になるのか、という点を重視しましょう。

オナニーをする際も、アダルト動画を見て行う人や、マンガや小説を読みながら、という人も多いです。まずは外的刺激に頼らず、自分が内側から「興奮するポイント」を見つけましょう。

2、クリトリスでイク


男性とセックスをしていて「挿入ではイケない」という人の多くは、クリトリスで感じる人です。オナニーの際も、クリトリスを使っている人が多いです。クリトリスは敏感な部分なので、あまり強い刺激ではイクことができません。

セックスの際は、優しくクンニしてもらったり、オナニーの場合も優しく扱うことで絶頂を感じることができます。触り方は人それぞれ好みがあるので、自分で気持ちいいと思える方法を見つけ出しましょう。

3、Gスポットでイク


いわゆる「中イキ」です。Gスポットは膣の手前側にある性感帯で、人によって若干位置は異なりますが、中指を挿入して探ることで見つけることができます。この部分を刺激することによって絶頂するため、バイブやディルド、また男性とのセックスでも中イキすることができます。

自分のGスポットがどこにあるか知らない人も多く、まずは自分で指を挿入して調べてみるところからはじめましょう。Gスポットを使ってイク際は尿意に似た感覚がやってきますが、この感覚を我慢せずに、おもらし覚悟でリラックスすると絶頂に達することができます。

4、ポルチオでイク


ポルチオとは、Gスポットよりさらに奥にある性感帯です。個人差はありますが、膣口から約8cmくらいの場所にあるため、指では届きません。男性の性器を挿入するか、もしくはアダルトグッズを使って刺激します。

深く挿入することで徐々に快感を得られるようになるため、セックスであれば体勢を変えて、気持ちいい体勢を探してみることをおすすめします。また、最初はあまり感じなくても、回数を重ねることで気持ちよくなることもあるので、時間をかけてゆっくり開発していきましょう。

5、イクための練習


上手にイケるようになるためには、練習が必要です。誰かとたくさんセックスしなければいけない、というのではなく、もっと個人的な「自主練習」が必要、ということです。

セックスもオナニーも、自分の体を知って、自分の体を向き合うことが大事なので「どのようにすれば自分は感じることができるのか?」というテーマで、時間が許すときに地道に練習してみましょう。

また、セックスのときも「相手に奉仕してあげる」という姿勢ではなく、自分が気持ちよくなる方法を追求する姿勢を忘れてはいけません。

性的なことがわからない!そんなときは…


気持ちよくなりたい!イキたい!とは言え、自分で何かするのも怖いし、指を挿入したけどGスポットがさっぱりわからない、なんてことがあります。けれど、恥ずかしくて友達にも相談できません。

そんなときに利用したいのが、女性向けの風俗店です。性感マッサージという名前だったり、レズ風俗(女性が接客してくれる)のお店もあります。

ひとりで悩んでいても解決しない上、性的な快感に関しては病院にも相談できないことから、ひた隠しにしてしまう女性はとても多いです。しかし、女性用の風俗なら、そういった性的な悩みにも真摯に向き合ってくれます。



オススメ記事