女性向け風俗であえてデートを選んでみた

女性向け風俗と言えば、もちろんアロママッサージからの性感マッサージが主だが、近頃あえてデートをセレクトしている。
キス以上はNGの清いセラピストさんとのふれ合いだ。

確かに、最終目標到達点は肌を合わせて組んず解からの「イク」事 、と言う女風ユーザーが多い。
だが、デートにもそれなりの趣きやトキメキがある。
お店によっては「デート コース」や「カウンセリング 」と設定されていて、性感マッサージより5,000 円程安くなる事が多い。 「デートコース」を設定していない店舗でも、その時間を性感でもデートでも有効に御任せしますと言うスタンスもある。

ただ、基本的にデートコースでは「ホテル 」をデート場所に選べない。ベッドや布団があることがNG。これは向かう目的が変わりやすい為。

ホテルのラウンジはOK
個室...でご飯OK
遊園地や動物園、バーやカフェでも良いが、
お支払いは全額お客さん負担なので予算を加 味して楽しみたい
(待合せて移動すると、別途交通費がかかる)

デートの予定や時間配分、何をしたいか等は、間違いなく「事前に決めた方が良い」

私達お客に与えられた時間は限られている。
その時間1分1秒と無駄にはできない。
なんなら事前にロケハンして、片目つぶっても到着できるレベルにするか、デート場所はカフェ一択でそのスペースを有効にフル活用した方が効率的なのだ。

カフェならば「横座りできるソファ」か「個室」を選ぶ。 真正面の対面は面接やサシ飲みレベルの緊張感が走る(経験談)...薄暗いと尚良し。

隣ならば遠慮なくセラピさんが手を繋いだり、腰に手を回すなど楽しみ放題ウェルカム。
ベッドでは「上下」が基本ポジション、「座って横隣」という空気感は意外と新鮮でむずがゆい体験が楽しめるかもしれない。

人気のオシャカフェは確実に待たされるので、予約するか先に行って待つ。 必死感とぼっち極まりないが、セラピストさんと雰囲気良き空間でまったりイチャつくための試練と思えば辛くない。

「あの人1人でこんなソファ席取って」 といった冷ややかな視線も、待ち人のイケメン登場で全て払拭され優越感に浸れる。

遊園地は「待ち時間」を読める人が限られた時間を制する事が出来る為、難易度高めだ。
半日貸切なら何度でも足を運んでしまう「夢と魔法の国」も楽しめるかもしれないが、
セラピストさんとの時間を大事にしたいなら多少ローカルでも雰囲気を味わえる場所を選んだ方が良い気がする。

ちなみに、セラピストさんがどの乗り物がNGか事前に確認しておく事も重要だ(笑)意外な一面を見たい場合はさておき……

せっかくのデートなので やってみたかった事を事前にリクエストしておくのも楽しい。

1つのアイスを食べ合う、指がつるのも気にせず手繋ぎでご飯を食べる、あざとく生クリームを口の横につけて指で(猛者は舐めてもらおう)取ってもらう 夢のようなシチュエーションも楽しめるかも!
※全て妄想です
……実は、上記の内1つだけ経験済みだ(笑)



オススメ記事