「悩めるアダルトグッズの保管とバレ対策」

 ネット通販やスマホの普及で気軽にアダルトグッズが買えるようになった一方で、次々増えるグッズやエロ本・DVDの収納問題に悩む人もいるのでは?家族や彼と同居しているという人は、購入から使用時、保管に至るまで気が抜けないと思う。ひとり暮らしだって、いつ誰が訪ねてくるかわからないでしょう。

【隠す場所はだいたいこんな所】
歴代彼氏のエロ本などをこっそり見ていた経験から、男女共に隠し場所に差がないことがわかった。ベッドまわりやクローゼットの中、洋服ダンスの中や、下着の合間など、むき出しではなく、巾着やバッグの中に入れられ収納しているパターンが多い。

 動画ネタで登場した私の友人K子は、彼氏のアイデアで引き出しを細工し、コンドームやローターをしまっていた。また、少年ジャ○プのような分厚い雑誌をくりぬきそこへDVDを収納するという器用さ、徹底ぶり。収納しきれないものは、鍵付きの旅行トランクが一番と言っていた。今ならエロネタ専用タブレットとか、あってもいいのかも。

【ヤバイ!見つかった・言い訳は通用するか・・・】
グッズも本も、入手したての頃はとても厳重に扱い用心するけれど、慣れとは恐ろしく少しくらいなら・・・と徐々に軽い扱いになっていくもの。

 これは私の失敗談。お風呂で防水ローターを使い、洗面所に洗って乾かしておき、翌朝そのまま放置し会社へ行きました。地方に出張していた彼氏が帰京し、会いたいと連絡が来ます。久々の逢瀬に舞い上がった私は、あろうことか、ローターちゃんの存在を忘れ「明日は休みだから家に泊まりにくる?」なんて連絡しちゃいます。さらに私の方が帰りが遅くなりそうだったので
「合鍵ポストに入ってるから部屋で待っててもいいよ。」と言ってしまいます。

 スーパーで食材を買って「ただいま~」と帰ると、彼が「お土産だよ」と私に紙袋を渡します。中を開けると大好きなお菓子ともう一つ袋に入っていたのは私の防水ローター・・・。「うわぁヤバイ!片づけるの忘れてたわ」と思いつつ言い訳は通用しないし、雰囲気悪くなるのもいやだなぁ、どうしよ・・・言葉につまる私。

 さらに彼の家からこっそり持ち出したDVDまで発見されてしまっていました。私を待つ間に、DVDでも観ようと、映画を何本か借りてきた彼。デッキをあけたら、自分のお気に入りのAVが出てきたのに驚いたよう。やだ、私ったら持ち出したAVのことまで頭からぬけちゃってた!彼にかける言葉がなく、ごめんという思いで彼を見つめていたら「お前ってやつは・・・。」と笑いながら彼は私をギュウーっと抱きしめました。そのころ、マンネリだった私たちの場合はそれが起爆剤となり、まあるく収まったのです。

 放置したAVと放置したローターから「わたしたちを忘れないで大事にして~」という声が聞こえてきそうだった。



オススメ記事