女性の皆様へ…【男を買う】のではなく【時間・技術・快感を買う】女性向け風俗

女性向け風俗を利用しようか迷っている人、女性向け風俗を既に利用している人。皆さんからよく聞くのは、「男を買う」って虚しい、それなら出会い系とかで会った方がいい、ということ。

しかし、本当はそうではない。

(※ここでの内容は、全ての人に当てはまるわけではない。中には、気に入ったキャストの為に料金を支払い時間を買う事を楽しむ女性もいる。それも女性向け風俗の楽しみ方の一つである。)

男の為に料金を支払うのではない


女性向け風俗は、最近では事前カード払いOKの店が出てきたが、殆どがキャストに料金をその場で手渡す。現金を手渡すという行為から、キャストにお金を払う=男を買う、と考えがちだが、実際は違う。

そのキャストとの時間、貴女を喜ばせる技術、性的な快感に料金を支払っている。結局のところ、貴女は貴女の為にお金を支払っている。

そこに、虚しさなんてない。

疑似恋愛しなくてもいい

 

旦那(彼氏)がいるから、浮気したくないし・・、好き嫌いとかそういうのが面倒くさそう。


これは、女性向け風俗を利用しようか迷っている人の言葉。また、キャストは仕事で私たちを相手するわけだから、なんか虚しく感じる・・と言う人も。

女性向け風俗では、疑似恋愛しなくてもいい。あくまでも、貴女が客であり、主人公。自分のために、好きなように予約した時間を使えばいい。

また、キャストが仕事として客である女性(貴女)を相手にすることを虚しく感じるというのは、貴女が本気の出会いを求め、あわよくば彼女になれたら・・などと考えているからではないだろうか。

本気の出会いを求めるなら、他へ。

体を開発してプライベートも充実




女性向け風俗のもう一つの利用法は、性的に感じる体の開発。

性感帯は勿論のこと、特に膣内は、刺激を上手に繰り返し与えることにより開発され、イクようになる。

体を開発し、性的な快感を得られるようになると、プライベートのセックスもさらに楽しめる。

パートナーとのセックスの時、挿入でイクことが出来れば、最高に気持ちいい。その為の女性向け風俗と考えると、ここにもまた、虚しさなんてない。

「自分を買う」女性向け風俗


ゆっくりしたいなら、自宅でボーっと過ごせばいい。マッサージして欲しいなら、近所のマッサージ店に行けばいい。性的快感が欲しいなら、誰かとセックスすればいい。

敢えて、料金を支払ってまでキャストを呼ぶのは、癒しのプロであるキャストとの時間・女を喜ばせる技術・子宮の奥底から込み上げるような性的快感を求めているから。

人肌恋しい、セックスレス、ストレス発散、イケない、女としての自信を取り戻したい・・・。女性向け風俗を利用する理由は様々。

しかし、結果的に、貴女は貴女の為にお金を払っている。



オススメ記事