女性向け風俗を利用するときの崩れにくいベースメイク術!

女性向け風俗を利用している女性なら、誰しも一度は経験があるはず。施術が終わった後に、自分の顔を鏡で見てビックリ!「メイクが崩れている!」

施術で汗ばんだり、シャワーやお風呂に入ったりと、女性向け風俗を利用する際には、何かとメイクが崩れる要因がたくさんあります。

メイク崩れの中でも一番直しにくいのは「肌」、ベースメイクと言われています。一度ヨレてしまったファンデーションを元の状態にするのは難しいですよね。

だとしたら、初めから崩れにくいベースメイクをして女性向け風俗を利用することが大切。やり方やアイテムを少し変えるだけで、簡単にベースメイクの崩れを防ぐ事ができます。

 

スキンケアで「収れん化粧水」をプラスして穴落ちを防ぐ!


ベースメイクは洗顔やスキンケアから始めるもの。毛穴落ちとは、開いた毛穴にファンデーションが落ち込むように崩れてしまうこと。これ、元の状態に戻すのはなかなか難しくありませんか?

そこで活躍するのが「収れん化粧水」。皮脂の分泌をコントロールしたり、毛穴や肌を引き締める効果を持っています。いつものスキンケアに収れん化粧水をプラスするだけでベースメイクが崩れにくくなります。

●使う順番●
洗顔→化粧水→乳液→「収れん化粧水」

一般的な化粧水は肌の潤いをコントロールするのに対し、収れん化粧水は皮脂をコントロールするもの。保湿メインの化粧水は洗顔のあと、収れん化粧水は肌を引き締めるため乳液の後と覚えておきましょう!

収れん化粧水を使用した日のメイクは、汗や熱気に強く、毛穴の開きも普段より気にならなくなります。そのため、毛穴落ちを防ぐことができます。是非試してみてください。

 

メイク下地はタイミングと使い方が重要!


●タイミング●
スキンケアの後、すぐにメイク下地を塗っていませんか?化粧水や乳液の成分が、肌に残っているまま下地を塗っても下地は均等に乗りません。その後に塗るファンデーションのヨレの原因になってしまいます。
スキンケア後は、化粧水や乳液が浸透するまで少し時間を置いてから下地を塗る事がポイント!

●使い方
顔全体にメイク下地を塗った後、その上にクマや毛穴隠しなどのコンシーラーを重ねて塗ると、厚塗りが原因のメイク崩れになりやすいです。
コンシーラーを塗る箇所には、メイク下地は不要です。

スキンケア後に直接肌に塗れる、コンシーラーを選ぶのをお勧めします。今の時期ならSPF入りの下地を使用すれば、日焼け止めを塗らなくて良いので厚塗り防止にもなりますよね。

崩れにくいのは粒子が細かいパウダーファンデーション!


リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションは、保湿力とカバー力があります。けれども、厚みがありヨレやすいので崩れの原因になります。粒子が細かいパウダーファンデーションやミネラルファンデーションはムラになりにくく、崩れにくいので女性向け風俗を利用するときにお勧めです。

●塗り方●
ファンデーションを付属のスポンジに1/3程度とり、 一度ティッシュの上で軽くポンと叩いて余分な粉を落とします。この一手間で厚塗り防止を防ぎ、ファンデーションを均等にお顔にのせることができます。


余分な粉を落としたスポンジを頬にのせ、外側に向かって滑らせるようにして塗っていきます。お顔の外側のキワ部分には、頬にのせたファンデーションをぼかす程度にして塗ります。そうすることで、お顔が立体的になり小顔に見えます。仕上がりもナチュラルで若々しい印象に。

●上級者編●
ファンデーションを塗るときに、スポンジではなくブラシを使います。ブラシを使うことで、ファンデーションが毛穴の細かいデコボコにも馴染みやすいというメリットがあります。

 

【まとめ】



オススメ記事