女性向け風俗を利用するときの崩れにくいトレンドメイク術!

前回のメイク術の記事、「女性向け風俗を利用するときの崩れにくいベースメイク術!」に引き続き、今回は目元周りや頬、リップのトレンドメイク術をご紹介します。前回の記事と合わせて是非ご覧ください。

 

アイブロウ(眉毛)




眉毛は顔の印象を決める一番大切なパーツです。最近のトレンド眉毛は、ペンシルでしっかり描くというよりはパウダーをのせる程度のナチュラルな眉毛。けれども、パウダーは汗や皮脂で落ちやすいです。施術が終わって鏡を見ると「眉毛が半分ない!」なんてことも。

女性向け風俗を利用するときには、落ちにくいウォータープルーフのペンシルタイプや筆ペンタイプのアイブロウがお勧め。ウォータープルーフのアイブロウを使ってトレンドのナチュラル眉毛を作っていきます。

⚫︎使い方⚫︎
メイクが落ちやすい目尻、眉毛がない箇所だけにペンシルタイプや筆ペンタイプのアイブロウを使用します。眉毛が生えている部分にはパウダーをのせて、ペンシルや筆ペンで描いた箇所に繋げてぼかしていきます。

仕上げにフェイスパウダーをスポンジに少量とり、眉毛全体を軽く押さえるのがポイント。
肌表面がサラサラしているとメイクが崩れにくくなります。

 


アイメイク(アイシャドウ・アイライン・マスカラ)




美容業界の今のトレンドは「1パーツ1アイテム」と言われています。例えば「目」のメイクにはアイシャドウ・アイライン・マスカラと3つのアイテムを使用する事ができます。けれども、この3つを全て使用すると、きちんと塗っています感が出てトレンドのナチュラルメイクではなくなりますよね。

そして、女性向け風俗を利用するときのような、崩れやすい環境でたくさん塗っている重たいアイメイクは、お勧めしません。
重たいメイク(古く見える)→崩れやすい→直しにくい→老けて見える
という悪循環になりやすいです。けれども、今までアイシャドウ・アイライン・マスカラと3アイテム使っていた方にとっては、今日から突然マスカラだけにするのは、勇気がいりますよね。

そんなときは、3アイテム使うけれども、1パーツ1アイテムに見えるように心がけてみてください。例えばアイシャドウとアイラインは控えめに、まつ毛にボリュームを持ってくるようなイメージです。そうする事で、今っぽいメイクに仕上がり、厚塗りしていないので崩れにくいです。それでは、アイメイクの中でも悩みが多いまつ毛について紹介します。

⚫︎まつ毛カールを維持するには、ビューラー前の一手間が大切⚫︎

「ビューラーを何度もしないとまつ毛が上がらない」「マスカラを塗るとまつ毛が落ちてくる」「時間が経つとまつ毛が下がる」など、まつ毛のカールを1日キープするのは難しいですよね。

まつ毛が下がる原因は湿気や汗・皮脂分泌がありますが洗顔後スキンケアで使ったクリームや乳液などの油分が原因でまつ毛が上がりにくい場合もあります。

ビューラーをする前、ぬるま湯で、まつ毛についているクリームや乳液をティッシュや綿棒でしっかりと取り除きましょう。それからドライヤーの冷風で、軽くまつ毛を乾かします。その後にビューラーをすると、まつ毛がとても上がりやすくなります。


⚫︎マスカラを塗るときのポイント⚫︎
1度塗ったマスカラが乾く前に、何度も重ねて塗っていくと「マスカラを塗るとまつ毛が落ちてくる」原因になります。マスカラを2度塗り、3度塗りする場合は、前に塗ったマスカラが完全乾いてから重ね塗りをしましょう。

女性向け風俗を利用するときは、シャワーやお風呂の熱気と湿気でまつ毛が下がりやすくなるので、ウォータープルーフタイプのマスカラをお勧めします。

 

チーク・リップ



⚫︎チーク⚫︎
チークの塗りすぎは、お面のようになってしまい、トレンド感がなくなってしまうので気をつけたいです。チークは、いつもの半分の量にして肌に乗せたら仕上げにフェイスパウダーでトントンと軽く抑え、馴染ませてきいます。

 

⚫︎リップ⚫︎
ここでもトレンドの「1パーツ1アイテム」を取り入れていきます。リップラインをひいて、口紅を塗って、艶感を出すためにグロスを塗る・・・なんてひと昔前。

素肌に溶け込むような自然な口元を作ります。ピンクベージュや、オレンジベージュなど、ベージュ系から展開される口紅の色選びをすると肌に馴染みやすいです。保湿をたっぷりとした唇中央に、口紅を軽くトントンとのせてあとは馴染ませる程度にしましょう。

 

【まとめ】




オススメ記事