【エッチがさきなのか?アイが先なのかを検証しましょう】

 エッチが先なの?愛が先なの?
 
 この件に関してはきっと永遠のテーマだ。なぜなら、エッチから始まる愛もあり、愛することが先決のエッチはおまけなこともある。余談だが、アルファベットの羅列は『エッチ』が先で「アイ」は後。私は昔からアルファベットに忠実だ。意図的ではない。愛よりもエッチの方が信じられるからだ。言葉ではなく、態度で。よく、

 「身体が目当てなんでしょ」という胡散臭い台詞があるが、身体を求めるという行為は女性にとっては嬉しいのだ。基本男性は狩りをする生き物。狩られる側の女性は狩られてなんぼだと思っている。

 「身体が目当てなんでしょ」は裏を返せば、「私の身体が好きなんでしょ」の代替えの台詞だ。身体が好きになると、情も移る。情が移ってしまい、それを愛とも勘違いをするし、もしかして本当は愛なのかもしれない。

 まだ好きでもないのに、エッチを先にしてしまい、身体を重ねるたびに、女はだんだんと男を好きになる。それに伴い男は徐々に熱が冷めてゆく。身体から始まった恋はそうなる恐れがある。じゃあ、愛から始まったのだったら、どうだろう。
 
 付き合ってから身体を重ねるまでの間に愛を育み、やっとエッチをする。それは、きっと最初から身体を重ねるよりもドキドキすると思うし、泣けるほど感動をするだろう。
 
 愛を育んでからのエッチだと身体の相性が合わないかも?と思っても、心で愛しあっているため、別れることなどはない。愛とはやはり偉大なのだ。

 そうは言っても女性は貪欲な生き物だ。なので「女性向け風俗店」がひっそりと流行っているのだ。そこには愛はない。あるのはエッチだけ。けれど、愛をエッチで埋めたいという女性があとをたたないのは、男の草食化や女性の社会進出などがある。

 愛を育みたいが、そのようなことに時間を費やしたくない。さっと、エッチなことをしたい。擬似でもいいから愛されたいし欲望を充したい。「女性向け風俗店」を使う女性の気持ちもよくわかる。

 今の時代、エッチが先か、愛が先か。という概念には囚われないかもしれない。昔ならともかく今は安易に性を買える時代だ。優しい出張ホストとの擬似恋愛でも十分に満足できる。お金があれば、エッチも愛も買える時代になったのだ。

 けれど、わたしは常にエッチが先。だって、愛することにとても臆病だから。なんて言ってはみたが、愛されたいのは常に頭にある。



オススメ記事