【実態】女性向け風俗にこんなにイイ男が!?イケメン急増中

かつての女性向け風俗は、ピンとくるイイ男は滅多にいなかった。

フツメンがイケメンに見えるほどのレベルと言っても過言ではなく・・・(長年働いているキャストの方々、すみません。(汗))

しかし、最近の女性向け風俗を侮らない方がいい。キャストの質が急激に上がっている。

メディア露出で◯◯UP!


以前、某インターネット番組で、お笑い芸人が女性向け風俗を利用したと話した。一時、kaikanのサイトや店名を出された店のサイトはアクセス急増でパンク寸前だった。それだけ興味を持った人がいたのだ。

メディア露出で認知度がUPした為、店舗数も増え、利用者もキャスト応募数も増えた。

また、 2018年12月にはハラ・ショー氏が女性向け風俗について書いた「女性専用」が出版され話題となった。ハラ・ショー氏が、女性向け風俗の店舗、キャスト、利用者に直接インタビューし、事実に沿って赤裸々に書かれている。この世界を知るには最適な一冊だ。

これまで、極一部の人しか知らず、地下深くに潜っていた女性向け風俗が、徐々に地上に出てきたのだ。

風俗というエロい仕事に興味津々な男


当時、性感マッサージという仕事が実際に存在すると知り、興味から応募したという話をよく聞いた。

見た目はごく普通の大学生や会社員。でも、やはり、エロいことが仕事になるのは魅力的らしい。勿論、中には職人気質で本気で女性を気持ち良くしたい人もいた。しかし、大半が「興味」だったようだ。女性が風俗で働くよりも、敷居は低い。

このあたりから、短期間で一気にキャストの質が上がった。

客とキャスト、女と男の法則




客とキャストは、女と男。男女は互いに高め合うという法則がある。

イイ男と一緒にいると、自然と女はキレイになるし、イイ女と一緒に過ごすと男は高められる。この法則は、女性向け風俗にも通用する。

以前の記事(こちら)にも書いたが、キャストは多くの大人の女性たちと接するうちに、磨かれ、イイ男になっていく。

イイ男が先なのか、イイ女が先なのかは分からないが、互いに高め合い、男女の質を上げている。従って、イイ男も必然的に増えることになる。

イイ男を見極め指名するコツ


①まず、プロフィールを見て、店のコメントをよく読む。すると、芸能人で言うと◯◯に似ているとか、イケメンだとか、そのキャストの容姿について書かれている。

でも、それらはあくまでも参考程度に。イケメンの定義は人それぞれなので、イケメンと書かれていても、実際に会うとちょっと違うこともある。

②次に、写メ日記を読む。写メ日記は、キャストの人柄や内面が本当によく表れる。とは言え、「日記」なので、普通に文章が書けていればOK。その文章が面白ければなお良し。

③貴女自身の好みのタイプを具体的に考え、店に電話する。例えば、塩顔、長身、細マッチョ、優しい等。具体的に伝えることにより、店のスタッフからそれに近いキャストを勧めてもらえる。



オススメ記事