男性の「ふにゃ◯ん」、気になるセックスは?

 あらゆる年代の男性、その中でもとくに若い男性に見られる「ふにゃ◯ん」。ペニス自体の勃起はしているけど弱く、どこか柔らかい状態。勃ちが悪いので、セックスの時に少々苦労が・・。こういう男性、案外いるみたいですね。かくゆう私も、昔こういった男性と付き合ったことがありました。

 当時付き合っていた男性は、一見普通のどこにでもいるような男性でした。出会って、デートを重ねるうち、自然な流れで肉体関係に。はじめの1回目は色々衝撃的で(ふにゃ◯ん以外のこと)あまりよく覚えていないのですが、2回目は比較的鮮明に覚えています。

 雪崩れ込むようにして二人でラブホに入り、しばらく休憩。そして、お互いに抱き合い、夢中でキスをしました。相手の舌、息遣い、体温、力強い筋肉云々でうっとり。前戯もそこそこに、いよいよ相手のを挿入というところでした。

 「あれっ、、、おかしいな・・」と、何やら相手が慌てていました。「どうしたの?」と私。「いや、なんか入れようとするんだけど、どうもうまくいかない・・・」と、ひどく困惑。彼は自身の手でペニスを持ち、私の中に入れようともがきます。「うーん・・、あれ、、なんでだ」、「ほんとだねえ?この前はそんなことなかったような・・・」と、なんとももどかしい会話がありました。

 しばらく二人とも、それで葛藤していたのですが、結局彼の力(といっていいのか・・)では入らず、見かねた私は自分で入れてみることに。「あの、私が入れてみようか?」「えっ、してくれるの?」「うん、したことないけど試してみるよ」と、ついこの間処女を失ったばかりの経験ほぼなしの私が挑戦。

 こういう時女性がリードするセックスは騎乗位など上に女性が乗るものを想像されるでしょう。が、私はセカンドバージン、しかも相手に変なところを見せたくない一心(この時まだ会って数回)で正常位で試みました。「じゃあ入れるよ」「・・・うん」。相手のを私の手が掴み、膣の入り口にもっていきます。

 そして、勢い良くググっと押し込みました。・・が、そううまくもいかず。何度か試しますが、入りそうで入らない。どうしようか悩んだ私は、次に自身の腰を浮かしてみることに。相手のを持ち、自身の腰を少しだけ浮かし、いざ!!ズズズッ・・・・、入りました。ようやくです。やっと彼とつながることができ、お互いぎこちないながらも、セックスを楽しむことができたのです。もちろん、最中もペニスの柔らかさは感じました。でもこれで、一応セックスをすることはできるということが、わかりました。

 ペニスの勃起力が弱いため、勃起力の強い男性と比べると、多少の苦労はあります。しかし、少しの工夫、そしてお互いを思いやる気持ち(愛と読んでいいのかな)があれば、セックスに何ら問題はないのです。ふにゃ◯んを改善させる薬などのグッズもたくさんありますし、どうにかしようと思えばどうにかできます。私も何度かその手のものは試しましたが、ふにゃ◯んの彼は彼で可愛いと思い、やめました。命にかかわるとかなら、本気で取り組んだのでしょうが。

 よって、ふにゃ◯んでも愛あるセックスは可能。



オススメ記事