誰にも言えない!樹里のヒミツの風俗日記2〜自分の性癖押し付けセラピストB

(※この記事は、筆者がプライベートで利用した時の話をもとにしたものであり、体験取材とは関係ありません。)

女性向け風俗の世界、セラピストになる男性たちにはいくつか種類がある。

そのなかで1番危険なのが、根っからの女好きでセックス好きで、性的嗜好が激しい人。このようなセラピストは、あわよくば・・・という下心は勿論のこと、自身の性的嗜好を押し付ける傾向にあるのだ。

筆者は、以前、そんなセラピストBと出会った。彼にとって、仕事は趣味であり、自身の欲求を満たす場であった。

本業は真面目な奉仕系の仕事


ホテルに入ると、まずはカウンセリングと言う名の雑談から始まる。

真面目そうに話し始めるB。やたらと大人のオモチャについて聞いてくる以外は、ごく普通のセラピスト。

筆者は、オモチャは時と場合によって使っても使わなくてもいい、その時に改めて聞いて欲しいと伝えた。

Bは、本業ではある医療系の資格を持ち(医師ではない)、多くの人に奉仕する仕事だと言う。コミュニケーション能力がないと出来ない仕事であり、見た目も真面目そうだし、きっと、優しくて素晴らしい人に違いない。

そこが、大きな誤算だった。

施術では…◯◯全開




料金を支払い、シャワーを浴び、施術に入る。

うつ伏せからマッサージが始まる。普通に気持ち良く、体が徐々に温まってくる。性感も良いかも・・・とワクワクし始めた、ちょうどその時。

Bが豹変。

気持ちいいだろ?ん?ここか?ここがいいんか?!

性感にうつった途端、激しい口調で俺様な態度になったのだ。驚く筆者に気付かず、Bはさらに激しさを増す。

あ?挿れて欲しいんか!?オレが欲しいか!?

燃えるセラピストBと、萎える筆者。1番の問題は、萎えていることにBが気付いていないこと。

(ちなみに、このような言葉責めが欲しいとは全く言っていません。)

大量の大人のオモチャ


おもむろにBがバッグから袋を取り出した。

その中にはたくさんのオモチャが。通常、ローター等1〜2個くらいのグッズを持っているのだが、 Bは4〜5個はあったかもしれない。

ローター、電マ、ディルド・・・。アダルトグッズ記事を書いている筆者にとっては、ある意味普通の光景だが(笑)、一般のお客さんは驚くに違いない。



それはさて置き、ここからBがさらにハッスルするのだ。

ディルド??それとも……!?


性感も佳境に入り、時間も残りわずか。

ここで、なかなかイかない筆者に対し、最後の砦と言うべきディルドとローターがダブル投入される。

勿論、ローターでクリを責めれば大半の女性がイくのだが・・・。オモチャに頼らざるを得ない状況・・というか、ほぼBの趣味(性癖)だろう。

そのような激しい時間を過ごし、施術は無事?終了。

終わった時、ふとBを見ると、最初に履いていたボクサーパンツが無く、脱ぎ捨てられていた。真っ裸・・・。

最後にディルドだと思っていたのは、本当にディルドだったのか!?

未だに謎のまま。

後日、kaikanのサイトを見ると、Bのプロフィールは無かった。どうやら辞めたらしい。苦情があったとの話は耳にしたが、あの施術を考えると納得。



オススメ記事