【女性向け風俗】利用したくなるのはこんな時……!

人生いろいろ、山あり谷あり。楽あれば苦もある。何もない人なんていない。

皆さんは、どんな時に女性向け風俗を利用したくなりますか?

1、ムラムラして仕方ない時


彼氏がいない、セックスレス、性欲が強い。

様々な理由からムラムラして仕方ない時、女性向け風俗を利用したくなる。

女性の生理は約28日周期(人によって誤差あり。)で、だいたい14日目くらいが排卵日となる。排卵日までの1週間は、子孫を残すという本能から、女性の性欲が高まると言われている。

性的なムラムラから女性向け風俗を利用する人は、この時期が多いかもしれない。

2、寂しい時




誰かのぬくもりが欲しい時、ありますよね。

寂しい時は、セラピストを呼んでそっと抱きしめてもらうと、心がじんわりと温かくなる。

肌と肌の触れ合いや、全てを包む包容力は、相手に安心感を与える。

肌寒い冬の季節などは特に、誰かに温めてもらいたいと思う人が多いはず。うんうん、よくわかります。(笑)

3、話したい時


日々過ごしていく中で、思い通りにいなかいことや理不尽なこともあるだろう。仕事に追われてゆっくりする時間がなく、知らず知らずのうちに心が重くなっていたり。

そんな時は、第三者に話すことが大切。何も関係ないからこそ良い助言をもらえることがある。話すだけでスッキリすることも。

また、セラピストは寄り添いながら聞くこともトレーニングされているので、話したい時にはぴったり。

4、女としての自信をつけたい時


年齢を追うごとに、衰えていく体にがっかりしたり。ふと鏡を見て、自分の顔や体の欠点に目が行き、自信を失ってしまうことも。

そういう時、自身でポジティブ思考に変換することができればいいが、そうはいかない。

そんな時は、セラピストを呼び、褒めて認めてもらうのが一番。貴女の良いところをたくさん見つけてもらい、褒めてもらうと、心からキレイが湧き出る。

自信のあるキラキラした女性は、美しい。

5、男性経験が少ない


近年、性経験のない女性が増えている。

未経験のまま過ごし、ある日好きな人ができた時に、どうしたらいいのか分からないという人がいると言う。

そんな時、男性に慣れるために適しているのが女性向け風俗ではないだろうか。セラピストと話し、打ち解け、「男性」に慣れることができる。カウンセリング時にその事について伝えると、少しずつ距離を縮め、優しく徐々に慣らしてくれる。



オススメ記事