アロマオイルで不感症対策!引きこもりデイズに香らせたい官能のエッセンス

緊急事態宣言からすでに1ヶ月以上。自粛要請で気軽な外出が不可能となったことにより、女としての意識が低下してしまっている方が増えているようです。現在は在宅勤務メインで人と会う機会がほぼゼロに等しい状態という女性たちに近況を聞いてみたところ……。

メイク道具を1ヶ月使用していない」「最低でも3日間はお風呂に入らない」「1日中パジャマで過ごしている」などなど。出るわ出るわの自堕落エピソード。人の目を気にしない生活は確かにラクではありますが、それに慣れてしまうとコロナが落ち着いた直後に社会復帰できるかどうか、正直なところ不安が過りますよね。

さらにそんな日々を続けることで「女としてのヤル気を失ったのか、オナニーもしなくなった」という不感症に陥っている女性の話も聞こえてきました。これはいけません。引きこもりデイズで女であることを放棄しつつある女性たちにぜひして欲しいアイテムがあります。それは、アロマオイル

気分のリフレッシュや安眠、健康促進など様々な効果が期待できるアロマオイルですが、注目すべきはなんといっても催淫効果!感度を良くして官能を高めてくれるアロマオイルが実際に存在するのです。ぜひ香りを使って女性ホルモンを活性化させ、女としての自分を再び目覚めさせてみましょう。今回は催眠効果のある香りとして代表的な4つの精油を紹介します。

1.イランイラン

甘くて濃厚なオリエンタルな香りのイランイランは、太古から媚薬として使われてきました。男性を誘惑する香りとも言われ、クレオパトラもこの花を足元に置いていたという説もあるくらいに官能的なムードを作り出す匂いなのです。匂いを嗅ぐことで性的な興奮をうながし、女性器に直接的に作用してくれます。高揚を即効で高めてくれるため、今すぐエッチな気分になりたいという方にはうってつけのアロマです。

2.クラリセージ

シソ科の植物であるクラリセージは、スパイシーながらも温かみのある甘い香りです。女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似たスクラレオールという成分が含まれているため、PMSや生理不順、更年期障害などに強い効果を示します。さらに女性の強壮剤とも呼ばれており、子宮を活性化させる効能も。膣内の性感をアップさせるため、ひとりエッチの悦びも倍増させてくれそうですね。

3.ジャスミン

お茶などでもお馴染みのジャスミンは、クセになるような繊細な華やかで甘い香りが特徴です。女性ホルモンを整える効果があり、生理痛や出産の痛みを和らげてくれるとか。幸福感や高揚感をぞんぶんに高めるので、オナニーの時だけでなくパートナーとのセックスのムード作りにも抜群の効能を表します。ただし非常に高価な精油なのでいざという時の勝負アロマとしての活用をお勧めします。

4.サンダルウッド

ビャクダンという名でも親しまれている樹木っぽさが強い香りのサンダルウッド。太古から瞑想や儀式に使われたと言われており、精神の解放が効能の特徴。性に対して奔放になれるほか、頭痛や不眠症などの神経系の悩みにも有効だそうです。オナニーなんて恥ずかしい、エッチなことに抵抗があるというタイプの女性なら、自分の殻を破るワンステップとして使用してみてはいかがでしょうか。


アロマオイルはアロマポッドやディフューザーを使って部屋に中に香りを満たすほか、岩塩などに2、3滴垂らしてバスソルトにしたり、オイルに混ぜてマッサージに使用したり用途は様々。官能のエッセンスを生活の中に加え、女としての魅力を保ちながら自粛解放の時を待ちましょう。ただし、中には動物に毒となるアロマもあるためペットを飼っている方は注意して使ってください。



オススメ記事