美容マニア大絶賛!究極の美容法はエロにあった。

女性は男性の三歩後ろを歩く、男は外で働き女は家庭を守る、そのような時代は去った。女性も外で働き、男女平等の考え方が普通となりつつある今日。

女性が自由に性を語れる時代になったのだ。

それは女性向け風俗店の増加からも見てとれる。中には安全安心気軽に利用できるとうたっているお店もある。

せっかく自由に性を解放できるようになったのだから、楽しまない手はない。ストレス発散や美容のためにもなるのだから、一石二鳥だ。

自分自身のためにお店を上手く利用したい。

女性は人から見られてキレイになる。人から触れられ、愛撫され、可愛いね、キレイだよと言われると輝く。

彼は昔はよく褒めてくれたけど今は全然・・・、夫は私を触ってくれなくなった・・・、セックスレス、最近男性から触れられる機会がないという貴女、今がキレイになるチャンス。

女としての輝きを取り戻すと、もっと明るく楽しい毎日が待っているかもしれない。

素敵な人から素敵な言葉をかけられると、女性は誰でも大輪の花を咲かすことができるのだ。

そこで知っておきたいのが、オキシトシンというホルモンである。

幸せホルモンとも呼ばれ、ストレス緩和や美肌にも効果があり、キレイになるためには欠かせないのだ。体内から湧き出る最高の美容液だ。

オキシトシンは、優しく愛撫されたり、マッサージをされたり、人との心地よい触れ合い時、楽しい会話時、セックス時に出る。

そして、セックス時の中でも、イク時に最も多く出る。

パートナーがそこを理解し、女性に対して接するのが理想かもしれないが、そうはいかないのが世の女性の大半ではないだろうか。

パートナーとの付き合いが長くなるにつれ、ゆっくりお互いを愛撫し合い、肌で触れ合う時間は減ってくるのは仕方のないことかもしれない。(勿論、そうでないカップルもいる。)

そういう時は、女性向け風俗店からセラピストを呼ぶのも一手段だろう。キレイに輝くためにセラピストを利用させてもらうのだ。

たくさん褒めてもらい、たくさん触れて、マッサージして、抱きしめて、たくさんイカせてもらう。女という花に水を与えるように。

心身ともに満たされ、オキシトシンによりきっと肌艶が良くなるだろう。

20代は若さでカバーできるかもしれかいが、30代以降は努力が必要だ。

いつまでも魅力的な女性でいたければ、外側からだけでなく、内側から輝かなければならない。外を塗りたくるだけでは艶のある女にはなれないのだ。



オススメ記事