アソコのニオイの原因とケア法大調査! これでクンニもめっちゃ楽しめる♡

気になるセラピストの予約が決定〜! テンションがアガがると同時に心配になるのが“アソコの匂い”……。ユーザーの中には「アソコの匂いが気になって、クンニが集中できなかった」「本当はもっとクンニして欲しいのに、匂いが気になって『もういいよ』と断ってしまった」なんて声も。そこで!今回はアソコの匂いの原因とケア方法を大調査! これを読んでしっかりケアすれば、めちゃくちゃ舐められても大丈夫⁉︎

 

ニオイの一番の原因は蒸れと雑菌!

デリケートゾーンは常に多湿で温かいうえに、下着やナプキン、パッドを着けているためムレやすく、菌が増殖しやすい環境です。さらにおりものや尿、汗に経血etc…、雑菌の栄養となるものがあると臭いはさらにパワーアップ! ひどくなると、かゆみが伴ってくることもあるので注意。また、夏場、ストレスや睡眠不足、疲れなどで免疫力が低下しているときは、ニオイがきつくなりやすいそう。

 

激しい愛撫で傷ができている場合も

濡れてないのに、激しい愛撫をした場合、子宮口や腟内に傷などができて、おりものが増えてその結果ニオイを感じる場合も。心当たりがある場合はまずは病院でし診察してもらいましょう。

 

加齢でアソコが臭う⁉︎

年齢とともに女性ホルモンが減少すると、粘膜を乾燥や雑菌から守る粘液の分泌量が低下。雑菌が繁殖してニオイやかゆみが起こることもあるので、デリケートゾーン専用の保湿グッズで潤いをキープするのも手。

 

こんな場合は要注意!

膣内には乳酸菌などの常在菌がいて、清潔を保っています。だから酸っぱいニオイがするのは正常です。でも、そニオイが急にきつくなったり、量が増えたり、色が変わった場合は、なるべく早く病院で受診を。特に、黄色っぽかったり、白い塊になったりした場合は「細菌性腟炎」「子宮頸がん」「トリコモナス腟炎」などの可能性が。また、カッテージチーズのようなポロポロしたおりものが出る場合は、「カンジダ腟炎」の可能性があるので、ちょっとでも“おかしい”と思ったら婦人科の受診を。

 

■ケア方法

1:アンダーケアをカット!

アンダーヘアがボーボーだと、毛に尿や便、経血が付着してしまう可能性が。さらにそこが蒸れて雑菌が繁殖することで臭いが発生! 長い人はこまめにカットして通気性をよくすることが大事。思い切ってVIO脱毛を初めてもいいかも。

 

2:とにかく清潔第一!

わかっているかもしれないけど、とにかく「清潔」が絶対! おりものシートや生理中はナプキンをこまめに交換しましょう。ちなみに「あんまり汚れてないから…」と長時間装着しつづけるのはNG! 汗や尿などが付着しているので雑菌が繁殖してしまいます。トイレに行くたびに交換を。通気性をアップするために、コットンやシルクタイプのショーツを使うのもオススメ。

 

3:デリケートゾーン用ソープを使う

※写真はイメージです

普通の石鹸は洗浄能力が強いので、デリケートゾーンを守る大切な皮脂膜や菌なども洗い流してしまいます。なので、デリケートゾーン専用のウェットティッシュで拭いたり、ソープを使うのがオススメ。ちなみに洗い方は、低刺激の薬用ソープや専用ソープをしっかり泡立てて、汚れが溜まりやすい大唇陰と小唇陰の間を中心にやさしく手洗い。ブラシを使ってゴシゴシ洗うのは傷をつけてしまうのでNG。

  

4:ニオイ・おりもの対策ジェルで膣内環境を整える

「精製水タイプ」の使い捨てビデは、膣内のおりものや経血などを洗い流すことができるのでスッキリするけど、頻繁に使うと膣内の善玉菌まで洗い流してしまい、膣内環境を悪化させてしまう場合があるので注意! 膣内の自浄作用を弱めずに洗浄する、ニオイやおりもの対策ジェルを使うのがオススメです。

 

5:病院へ処置をしてもらう

「どうしても気になる!」って人は、病院で腟内を消毒、腟剤を入れるなどの処置をしてもらうのも手。ただ、効果はずっと続くわけではないので、こまめな受診が必要です。

 

最後に

普段からケアしておけば、いざクンニ!となっても安心して快感に没頭できますよね。不調にもいち早く気がつけるのでいいことづくめ。ということで、いますぐケアをはじめましょ! 

 

 

 



オススメ記事