バスタイムこそ最高の前戯!お風呂場でのイチャイチャで感度をアップ

大寒も過ぎた今日この頃、ますます寒さが厳しくなってきましたね。そんな日は、ゆっくりお風呂にでも浸かって体を温めるに限ります。一人でゆったりバスタイムも悪くありませんが、パートナーがいるならイチャイチャタイムの一環として取り入れるのも◎。なぜなら、お風呂に入ると『感度がアップする』という素晴らしい効能が実証されているからです!


その理由を挙げてみましょう。

1.血行が促進される
血行が良くなることで血管が広がり、性器が充血しやすくなって感度が上がります。

2.リラックスできる
リラックス状態になると副交感神経が優位になるため、性的興奮を高められます。


3.パートナーとの親密度がアップ
バスタブに一緒に入るには、どうしても体を密着させざるを得ません。必然的にスキンシップを取れるため、ラブラブな雰囲気を演出させやすくなります。


4.衛生的である
風呂場はすぐに体も洗えるため、清潔感を保てる場所でもあります。衛生面で余計な心配をせず行為に集中できます。

ウイルス除菌などに敏感なご時勢的にもいいこと尽くめと言えるのではないでしょうか。
しかしながら、ただ一緒にお風呂に入るだけではイマイチ盛り上がりに欠ける側面もありますよね。ここからは具体的にどんなプレイをすれば、さらに興奮度を高められるのか紹介していきましょう。

■マッサージをしてもらう

マッサージはさらなる血行促進を誘発する上に、自然なボディタッチによりムードを高めてくれる優れものプレイでもあります。まずは、手のひらを重ね合いながら指を絡ませるなどのハンドマッサージから始めてみましょう。同様に足の指を絡ませたり、手でツボを押したりする足ツボマッサージも効果的。特に冬場は末端冷え性になる女性も多いので、体の先端部分から温めてもらうのは良い手法です。その後は、お互いに肩もみをしたり首筋あたりにも触れてもらううちに、いつの間にかイチャイチャモードにシフトチェンジ。すっかり感度が高まった状態になるので、感じやすい体をお風呂を上がってベッドに向かっても保つことができるはず。そのままお風呂場でのプレイを続けるのもオススメです。

■疑似ローションプレイを楽しむ

ローションなんて常備してなくとも、ボディシャンプーや石鹸さえあれば意外とこの手のプレイは疑似的に楽しめるものなのです。泡をたっぷりと泡立てて、お互いの体に塗りつけながら触り合う……体を洗えて前戯まで網羅できるという点では一石二鳥と言えるでしょう。もちろん、プレイ用ローションがあればそれを使用してソープランドごっこ♪に興じるのもアリですよ。

■鏡を使ってのプレイで非日常感を演出

お風呂場に姿見に近い大きめの鏡が備わっている家は多いはず。ぜひ、この鏡もプレイに活用して欲しいところです。自分とパートナーの体を鏡に映し、それを目の当たりにしながら行うプレイは、ちょっとアブノーマルでいつもよりドキドキが増加すること間違いなし。恥ずかしさと興奮が相まって、かなり感じやすくなってしまうはず。先ほど挙げた疑似ローションプレイとの合わせ技もオススメです。

いいこと尽くめのお風呂でのプレイですが、注意点として膣の中に水が入りこまないようにすることがあります。特にバスタブのお湯は体の汚れや雑菌が含まれるので、体の中に入ると炎症を起こす可能性があります。お風呂からあがってベッドで……というタイミングで股間からボタボタ水が落ちてしまうのもムードに欠けてしまうので、ぜひ気を付けてください。それでは、皆さん楽しいバスタイムを……。



オススメ記事