女性の神秘・妊娠

本来、セックスは快楽をえるものではない。

繁殖のためにおこなうための神聖なる行為だ。

性行為によって快楽を得られるのは【人間】だけだ。と耳にしたことがあるが、その実。

それは実際にはわからない。
 
うさぎはあの可愛い顔をして年中発情期だとゆう。

けれど、それは単なるうさぎの性質がそうであって、意図的にそうではない。

うさぎには感情がないのだから。

じゃあ、猿はどうなのか?猿はしかし人間に近いので欲望はあるのだろうか?まあ猿しかわからない所だ。

セックスは愛している人とし、子どもをつくるための共同作業だ。

避妊をしないと子どもが出来てしまう。

なので、避妊をしセックスをおこなうが夫婦なら薄いゴムなどはいらない。

子どもをつくるために薄いゴムを外したセックスは驚くほど気持ちいらしい。

隔てるものがなくなったから余計にセックスもよくなり、女性も妊娠を考慮してのセックスなので特上な快楽を得る。

それがきっと妊娠とゆう形で表れると思っている。
 
私は2度妊娠をし出産をしている。

これから妊娠&出産をする女性のために妊娠中の体の変化を書いていきたい。


私はお腹に赤ちゃんがいることを知ったのは、妊娠6ヶ月の時だった。

うそ?そんなわけないじゃない?などとゆう非難めいた声がしそうだが、なにせ生理不順だったし、極度に痩せていたし、何と言っても若かった。

なので、(あれ?太ったのかしら?)と思っていたが、お腹膨らみが異常だったので婦人科に行ったら妊娠だった。

「男の子ですね」

私はその日、妊娠とお腹の子の性別を知り、いきなり母親になった。

(妊娠は計画的に!)

先生は「今まで何もなかったから、お腹の子は大丈夫だよ」と、笑いながら太鼓判を押したが、私は当時酒呑みだったので、気になった。

しかし、胎児ゆうのは、初期になんら自らに異常があると自然に流れてゆくものだよ。

と、先生はおっしゃった。

なるほど。私はそれ以降酒をやめた。(当時付き合っていた男の子どもです)
 

身体の変化より心の変化の方に驚いた。

まず、お腹の子を死守するための防御反応なのか、性欲がちっともなくなってしまった。

妊娠がわかってからセックスをしたくなくなったのだ。

セックスが大好きだったのに。お腹の子が心配で出来なかった。

母性が生まれたのだ。身体の方もそれに伴って、

・乳首や乳輪が黒くなりでかくなる
・お腹の周りに毛が生える
・臨月間近いになると仰臥の体制でねれない
・空気を吸うだけで太る
・臍が膨らんでなくなった

など、おもしろい身体の変調があった。体重は20キロも増量をした。


妊娠期間は十月十日。その間はまるで出家した女になる。

身体のリセット期間だと思った。


現代社会では【不妊】に苦難をしている人がたくさんいる。

不妊で悩む女性。思いがげない妊娠にとまどう女性。高齢で妊娠をする女性。

女性だけの特権は子どもを身ごもることが出来ることだ。

妊娠はとても神秘的すぎて理解不能なこともまだたくさんある。

セックスは繁殖だけではないが、繁殖出来る機能があって尚且つ快楽を生むことが出来る穢れない行為であることを知ってほしい。

出産もまた神秘的だが、痛かったです。



オススメ記事