濡れない悩みは解決できる?愛液を増やす方法とは?

読者の方の中には「愛液」が少なくて悩んでいる方はいませんか?愛液は別名、ラブジュースや天然ローションとも言われ、ベッドタイムにはなくてはならない存在です。愛液が少ないと挿入が痛いだけでなく、男性が白けてしまう事も。でもその濡れない悩み、実は解決することが出来るんです!今回は愛液を増やす方法をご紹介したいと思います。

 

愛液ってそもそも何?愛液の正体に迫る!

愛液が少な過ぎるという問題を解決する前に、まずは愛液とは何かについて一緒におさらいしましょう!

 

愛液とは

愛液は、性の膣から出てくるとろとろとした粘性のある液体をいいます。基本的には無色透明です。愛液は主に性的興奮を感じたり、外性器が刺激を受けた時に分泌されます。ちなみに愛液は性器を守るために分泌されることもあるので、望まない性行為(レイプなど)の際でも自衛のためにアソコが濡れることがあります。

 

愛液の成分は?

愛液の主な成分は血漿(けっしょう)で水分やスクワラン・ピリジン・尿素などを含んでいます。体液の中では「汗」に近いと言われており基本的に無色透明、無味無臭ですが女性の体質や体調などによって変化します。ちなみに愛液とオリモノは成分は似ていますが、別物と区別するのが一般的です。

 

愛液の役割は?

愛液は性行為の際の挿入を潤滑にするのが一番大きな役割...ではありません!実はその陰には「妊娠しやすくする」という大きな役割があるんです。愛液によって性交痛がなくなればスムーズな性行為が可能、しかも愛液は膣内をアルカリ性に寄せるので精液が子宮に届きやすくなるんです!人間の体ってすごいですね!

 

どうですか?愛液の正体がはっきりしましたね!次は濡れない原因についてもお話しておこうと思います!

 

どうして濡れないの?愛液が少ない原因トップ3

愛液の量には個人差がありますが、濡れないのには理由があります。ここでは愛液が少ない理由でもっとも多いもののを3つご紹介します。

 

01.緊張している

大好きなパートナーとのベッドタイム、嬉しい反面付き合いたてだったりすると緊張しちゃいますよね!そんな時、女性は濡れにくくなるものです。そして濡れないという焦りがプレッシャーになりますます濡れないという悪循環に陥ってしまうんです。もちろん女性の体は自衛のために性器を刺激するとある程度濡れますが溢れてくるわけではないので緊張は大敵と言えるでしょう。

 

02.セックスに乗り気じゃない

女性のセックスはメンタルと深いつながりがあります。乗り気じゃない時に無理やりセックスをすると、脳は冷静なままです。愛液が分泌されるには性的興奮はマスト。濡れないと気持ち良くない、気持ち良くないからますます醒める...という悪循環に陥ってしまうんです。それに濡れない焦りが加われば愛液が分泌されるわけないんですね...。

 

03.加齢

実は女性の愛液の量は加齢によっても変化します。なぜなら女性ホルモン「エストロゲン」が減ると愛液が分泌されにくくなるからです。エストロゲンは30代からどんどん減り始め閉経を迎えるとほぼ分泌されなくなります。つまり10代や20代の女性に比べ閉経に近い年齢の女性は愛液が少なくなるということですね!

 

愛液が少ない理由はこの他に、パートナーの愛撫が短い、性的経験が少ない、パートナーが乱暴なセックスをするなど様々です。でもどのケースにおいてもある程度愛液の量を増やすことは可能なんですよ!

 

愛液を増やすための5つの方法!

愛液が少ない、濡れにくいと悩む女性は決して少なくありません。普段は濡れやすい女性ですらまったく濡れない日もあるほど!ここでは愛液を増やす方法をご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね!

 

01.セックス前のお風呂

セックスの前はシャワーで簡単に済ませずお風呂に入りましょう!体を温めることよくで血流が改善、性器が充血しやすくなり、いつもより敏感に感じるようになり、結果的に愛液が増えるんです。リラックスする事でさらに血流が活発になるので、ぜひベッドタイムの前はお風呂でリラックスタイムを設けましょう。

 

02.水分をしっかり摂る

愛液は体液の一部なので水分量が不足していると分泌されにくくなります。なのでセックスする数時間前から水分を多目に摂るようにしましょう。とは言え、冷たい水やジュースは体を冷やしてしまうので、常温の水やハーブティーがオススメです。アルコールが好きな方は、ベッドインの前にワインをグラスに一杯飲むのも効果的です。ワインに含まれるポリフェノールは性的興奮を高めてくれますし、適度なアルコールは性欲を喚起するため必然的に愛液の量もアップしますよ!


03.ベッドインの前に性的な興奮を高めておく

セックスの前はエッチな気分を限界まで高めると愛液がアップします。エッチな動画や漫画を読んでいるうちに、ムラムラしてアソコが濡れた、こんな経験は女性なら一度はあるはず。なぜなら女性は物理的な刺激を加えずとも十分濡れることが可能だからです。大きな声では言えませんが、女性の中には、パートナーとのセックスの間は、頭の中では好きな芸能人に抱かれている妄想をして濡れちゃう人も!

 

04.膣のエイジング

もしあなたが40代後半であれば膣のエイジングで愛液が増えるかも!最近話題なのが美容クリニックで行われている膣レーザーです。これは膣にレーザーをあてて膣内の粘膜に刺激を与えるというもの。加齢により薄くなった膣内のヒダがふっくらすると柔軟性も蘇り愛液が出やすくなるというのです。ちなみにこれによって締まりも改善されるそうで最近は希望する女性が多いんですよ!

 

05.ローションを使う

どうしても愛液の量が少ない場合はローションを使うのもおすすめです。ローションを使うと、滑りが良くなるため摩擦が減り快感度もアップ!そうすると少しずつ愛液が増えるんです。つまりローションをきっかけに自身の愛液も増えるということ!最近は香り付き、味付きなどバリエーションも豊富なのでぜひ試してみましょう。不感症気味なら温感ローションがおすすめ。アソコがジンジンして快感がアップするので気づいたらローションを上まるほど濡れますよ!

 

以上5つが愛液を増やす方法です。まずは自分に出来そうなものから気軽に取り入れてみてくださいね!

 

もう愛液の量で悩まない!ラブジュースでベッドタイムをもっと楽しもう

今回は愛液が少ないという問題にスポットライトを当ててお送りしました。愛液の量で悩む女性は多いもの。そして愛液が少なくて濡れない女性同様、愛液が多すぎて悩む女性もいるんですよ!愛液が多すぎる場合の改善方法はまた次の機会にお話します。ぜひあなたも愛液問題を改善してもっともっとベッドタイムを楽しんでくださいね。

 

 



オススメ記事