世界最高齢AV女優・小笠原祐子の“女風”初体験レポ!【後編】

2020年、あけましておめでとうございます。新しい気持ちでスタートを切るにふさわしい、世界初、史上初の女風体験レポートの後編記事をお送りいたします。

前編では世界最高齢女優の小笠原さんの女風体験後の感想を伺うインタビュー記事をアップしました。
ではもう一方の、実際に施術をした新庄さんは小笠原さんへの施術、そしてそのひと時をどう感じていたでしょうか? 新庄さんからも感想を伺いました。



――小笠原さんとご対面して、第一印象はいかがでしたか?

新庄 率直な感想を申し上げますと、ご対面段階では「勃起するかどうか」について危惧しました。なぜなら、全ての女性がそうなわけじゃないですが、施術中に僕にも勃起してほしいと願うお客様が多い中で、小笠原さんもそうだった場合、その願いが叶えられるかどうかが心配だったのです。

 

――で、実際どうだったのですか?

新庄 しかしその危惧は、いざ小笠原さんの性体験、特に旦那さんとの日々を伺っていくうちに、80年を生きてきた女性の本当の意味での“女性のサガ”とくにエロスの面で小笠原さんが気持ちよがる姿はどんなだろうかと興味を持ち、次第に興奮してきました。そして小笠原さんとシャワーを浴びる際に小笠原さんの肉感的なボディや綺麗な胸を見て、完全に反応を示しましたね。



――新庄さんは女性の生き様にも欲情というか興奮されるのですか?

新庄 僕は施術をする上でセラピスト側も、女性側が求めるレベルにあった欲情や興奮は欠かせないと思っています。その情熱でもって心を込めて施術をすることが大事だと思っているのです。熟女さんは若い子と違って、やはり経験値を積んでいますし、その経験はその人により様々で、その人なりのエロスにかなり影響を及ぼすと思うんです。なので、女性のそれまでの生き様を聞くことは自分自身の欲情にも大きく影響するんです。

 

――小笠原さんの性体験のどんなところに欲情を?

新庄 旦那さんとの35年もの間の濃密なセックス体験ですね。例えばクンニをしている時も「旦那の舐め方はこうだった」と強弱の加減を教えてくださり、小笠原さんのベストな愛撫はやはり旦那さんがベースにあって、そこは僕には入り込めない部分。だからこそ、その願望を叶えたいという、その高めのハードルを越えようって思いに欲情するというか。

 

――で、しっかり小笠原さんは濡れていたと。

新庄 はい。全然問題ないくらい濡れていました。僕もこれまで60代の方のお相手はしたことありましたけど、84歳の女性は最高齢で初めてでしたが、こんなにも濡れるのかと驚きましたね。男性は加齢によりできなくなる方のほうが多いと思いますが、女性は何歳になってもできるのだと思いましたね。

 

――それで実際、小笠原さんはイったのでしょうか?

新庄 たぶん、イかれてはないのではないでしょうか。やはり挿入だとか僕のを舐めて発射させることだとかにこだわりを感じておられて、それが小笠原さんにとっての喜びでもあるみたいなので。



――今回、小笠原さんを施術してみていかがでしたか?

新庄 改めて長年生きてきた女性の素晴らしさを実感しましたね。もちろん若い女性にもそれぞれの魅力がありますが、長年生きている女性には、その女性なりのエロスへのこだわりがあり、それを僕はなるべくなら満たしてあげたいと思うし、セラピストとしての醍醐味を感じますね。そして何より、小笠原さんのお人柄はとても魅力を感じて、小笠原さんみたいに僕も歳を重ねていきたいと思いましたね。

 

――どんな部分に魅力を感じたのですか?

新庄 お話の中で一切グチがなかったというか。早くに旦那さんを亡くしてご苦労もあったろうに、その苦労を一つも語らなかったんです。これは敢えて言わないように気遣っているというよりも、常に前向きに生きてきてるからなんだろうと。

 

――前向きに生きる小笠原さんの姿にも魅力を感じたと。

新庄 はい。どうしても年齢を重ねると、それだけ人生の楽しさだけでなく辛さも味わうことになるわけで。その辛さだけを背負って生きていると、どうしても現状に対し不平不満ばかりを言ってしまうんです。でも小笠原さんからはマイナス的な話はなく、楽しく生きることだけを考えていらっしゃる姿に感銘を受けました。

 

――今回の施術は、なんだかとても感慨深かったのではないですか?

新庄 そうですね。本当にすごくいい経験をさせていただきました。施術を通して小笠原さんの朗らかな人生観を伺い知ることができたなと。人生どんなことが起きても今を楽しむことが大事なのだと教わりました。

 

いかがでしたか。84歳の世界最高齢女優の“初めての女風体験レポート”。女性の閉経はどのようにやってくるのかとか、閉経後の濡れ具合はどうなのかなど、なかなか人に聞けないことまで判明しましたね。私たちオンナの大先輩である小笠原祐子さん、今後もこのkaikanニュースにご登場いただきたいですね。

みなさま、kaikanと共に、今年一年もよろしくお願いいたします。良い年にしましょう!

■東京萬天40
【ジャンル】性感マッサージ
【エリア】東京
【営業時間】24時間営業(電話受付/10:00~22:00)
【URL】https://www.kaikan.co/pc/shop/?shop_id=77

■新庄さん
【URL】https://www.kaikan.co/pc/shop/cast/detail/?shop_id=77&id=720



オススメ記事