TORICOTOKYOの手塚翼、髭脱毛体験でギャル風のお姉さんにバッサリ斬られる?!

TORICOTOKYOの手塚翼が、823日に自身の写メ日記を投稿。先日髭脱毛の体験に行ったときの出来事をつづった。

 

実は「2年前から検討していた」という翼。ただ、「今は清潔感ある人がモテるけど、そのうちワイルドな髭がモテる時代が来るかもな~」と、これまでは実行に移さずにいたという。

 

しかし「よくよく考えると、僕って髭が似合わないんです(^^;)」といい、「昨今のコロナ時世で自分磨きの期間だとも思っている」という気持ちも手伝って、本気で髭脱毛をすることに。

 

実際にお店や脱毛方法を探してみると、思いのほかたくさんの情報があって悩んだ様子の翼だったが、「とりあえずお試しで体験してみてその場で契約はせず、他にも見て決めようと思ってました。」と、まずは行動を優先。

 

その後、お店でカウンセリングを受けた翼だったが「担当してくれたギャル風のお姉さんに『失礼ですが、ハッキリ言って髭、似合わないですよね?』」とバッサリ。「自覚はありましたけど、本当にハッキリ言うなこの人!と思いました。」とカチンときた様子。

 

「正直印象が悪くなった」という翼だったが、その後じっくりと接客を受けるうちに、「本音を包み隠さないストレートなトークと美容への熱心な探究心に信頼感が芽生えてきて、気がついたらそこのお店で契約していました。笑」と、意外な展開。最後は人間性で決めた。

 

この体験を通して、「僕もまた会いたいと思ってもらえるように、人間的な魅力を出していきたいと思います♪」と、セラピストの立場に置き換えて学び、刺激になったようだ。

 

最後に「まずは、見た目からということで、髭脱毛で清潔感に磨きかけていきます!」と、写メ日記を締めくくった。

 

詳しくは、手塚 @写メ日記

 



オススメ記事