TaCITの藍沢優作、アカスリはもう2度としない!

TaCITの藍沢優作が13日に写メ日記を投稿。新年早々に初体験したアカスリについてつづった。

 

この日、藍沢は「新年一発目の日記でアカスリって、、自分でもエレガントさのかけらもないなと思いつつ、結構衝撃だったので。」と書き出した。

 

続けて「感想は、とにかく痛い!あれのどこが気持ちいいんですか?30分ひたすら耐えてました。おかげで全裸の恥ずかしさも感じる余裕もなく。」とむしろ苦行だった様子。

 

その後「目隠しされてましたが、多分写真のこれで擦られてたんじゃないのってレベル。」とチーズ削り器にたとえてその痛みを表現し、「ツルツルになったのかもよくわかりません。むしろ傷しかついてないような。もう2度としないと思います。」とアカスリの感想をまとめた。

 

最後に「ということで、今年も僕のおしゃべりに付き合ってくださると嬉しいです。」と写メ日記を締めくくっていた。

 

詳しくは、藍沢優作@写メ日記



オススメ記事