イートやトラベルだけじゃない。GOTO“新しい女風様式”ユーザー座談会(後編)

いまだ新型コロナウイルス感染者数は増減を繰り返している状況の中…国はいよいよGOTOイートやトラベルを実施。感染対策に気をつけながら生活を送っていこう、という方針に切り替えましたね。女風ユーザーの皆さんも感染対策に気をつけながら楽しんでいるようです。女風座談会後編は、Withコロナ時代の女風利用と今後の業界についてです。

 

4ヶ月ぶりの女風利用再開。一週間前に決めて楽しみに待った

 

――前編ではコロナ禍において若菜さん、エイミさんは利用を控えていたということでしたが、利用再開はいつからだったのですか?

 

若菜 私は8月からです。やはり7月までは感染者数も予断を許さない状況だったですから、様子見つつ慎重に利用再開の時期を探っていました。

 

エイミ 私もですー。でも職場でイラッとすることがあって、「あ! 今日行きたい!」そんな感じで呼んじゃいましたね。

 

愛衣 ハイハイ、そういう気持ちはわかります。彼氏とかは「今会えない?」とか言っても会えないことはあるけど、女風は望みのセラピの時間さえ空いてれば確実に会えますからね。

 

エイミ 若菜さんは4ヶ月ぶりくらいの利用で、すごく楽しみだったんじゃないですか?

 

若菜 楽しみでしたよー。実は8月の第一週に再開しようと一週間前に決めて予約をして、その日を指折り数えていました。初めて利用する時とはまた違う意味で、心が躍りました。予約してからも普段ならメールは極力控えるんですが、この時ばかりは「久々だから思い切り甘えたい」とメールでお伝えしちゃったり。

 

愛衣 へー。「こうしたい」ってちゃんと希望を言えるんですか?

 

若菜 言えますよー。というか、言わないとセラピもわからないじゃないですか? 一人一人叶えてほしいことの違う、とても繊細な接客サービスだからこそ、私はちゃんと叶えてほしいことは言うようにしています。というか、言えるようにこの一年で自ら訓練した感じもあります。

 

愛衣 訓練ですか…。

 

エイミ というか愛衣さんはなぜ言えないんですか?

 

愛衣 願望を口にするなんて、恥ずかしいじゃないですかあ。

 

エイミ えー! 前編であんなにコロナ禍においても感染を必要以上に怖がらずに奔放に性を楽しむ話をしてたにも関わらず、願望を言うのが恥ずかしいと! 私なんて予約後はLINEでこんな感じで伝えてますよ(実際のLINE画像です)。

 


愛衣
 恥ずかしいですよ。私はSだから、「こうしたい」ってことは口に出しても言えないですよ。とはいえ、したいことを口に出さずともできることとできないこともあったりで(笑)。

 

若菜 SはSでも複雑な乙女心なんだねー(笑)! 

 

感染症対策への意識は女風ユーザーによってまったく異なる…

 

――では皆さんは、このWithコロナ時代の女風利用で気をつけていることはなんですか?

 

若菜 まあ、当たり前のことですが自分の体調管理はしっかり行っていることと、ホテルに入室したら、真っ先にうがいと手洗いをします。そしてシャワーを浴びて〜って、その後の流れはコロナ前と変わらないですね。

 

エイミ 私も同じですよ。でもまあ、時と場合によってはラブホ入ってすぐチューとかしちゃうこともあるけど。愛衣さんはどうですか?

 

愛衣 まあ、私はセラピと外で待ち合わせることはほとんどなくて、ラブホに先に入ってることが多いんですよ。約束の20、30分前くらいに入るので、手洗いうがいだけをする前にシャワーを浴びて準備万端で待ってますね(笑)。

 

――ちなみにキスは控えるようにするとか、プレイ内容を抑えめにしたりは?

 

エイミ いえ、先ほど申し上げましたように入室後、すぐにチューしちゃうくらいだから、控えめにはしてません(笑)。若菜さんは控えめにしたりする?

 

若菜 いいえ、自分の体調を整えて万全を期して挑んでいるので、プレイに関しては遠慮しません(笑)。「今日は甘えたい」とか「今日は性感多め希望」とかそういうことはストレートにお伝えするようにしています。愛衣さんはどんな感じ?

 

愛衣 えー。私は前によく利用してたセラピはオモチャ使いが激しくて、マジでもう何回イカされるんだってグッタリするくらいのプレイ内容でしたけど、ここ最近、連続して呼んでるセラピとは、まだマッサージも性感すらしてないです(笑)。

 

若菜 え? どういうこと?

 

愛衣 なんだろ、わりとそのセラピの雰囲気とか、話す感じが好きだから、ふつーにベッドに二人で寝転がって、ただ喋ってることが多いです。

 

若菜 えー! なんて贅沢な利用法でしょう! それで満足なんですか?

 

愛衣 はい、何回目かの時に、コイツー、ちょっとはマッサージとかし始める素振り見せろよって思ったこともありました(笑)。でもなんか、ここ最近は、やっぱ呼ぶとなったらその人なんですよねー。

 

エイミ でもわかる気がします。私は SMプレイが好きなんだけど、SMは焦らせば焦らすほど、その後の感度も高まるから(笑)。愛衣さんとそのセラピは今は焦らし時間を楽しんでるということでしょうか…?

 

愛衣 そういうことにしときましょうか(笑)。

 


未来型女風は店舗型? 女子会の二次会にサクッと女風に行きた〜い

 

――では皆さん、今後の女風が向かう先というか、どうなっていくと良いと思いますか?

 

エイミ 私はデリバリー型じゃなくて、店舗型の女風ができてほしい!

 

若菜 えー。それはハードルが高くないですか? だって店舗型だったら入店時に「あの人は女性向け風俗に行くんだ」ってバレちゃうじゃないですか。

 

エイミ え、全然バレていいんですけど! というか私は男性が飲みに行った後に「この後、風俗にいこうか」って店舗型に連れ立っていくような感覚で、女子会の後に「女風いこうよ」ってみんなでゾロゾロ行きたいんですよ〜。

 

愛衣 それは面白い(笑)。確かに、今のようなデリバリー型メインだと、みんなで連れ立ってソッコーで行くってのは無理ですもんね。どうしても大きな部屋を借りて女子会してるところに呼ぶとか、ワンクッション挟む感じになっちゃう。

 

エイミ そうそう。だからまあ、どんな街にも店舗型は作れないのはわかるので、歌舞伎町とかの繁華街にできてほしいなって思いますね。

 

若菜 なるほどねー。店舗型ができたら、女風の会社的にも事務所を兼ねられるし、セラピ的にも待機場所ができてコスパは良くなる感じかもだしね。

 


――今後の女風の世間の認知だったりはどう変わると思いますか?

 

愛衣 私はもっと広まってほしいって思います。とりあえず気になってる女子は怖いことなんて絶対にないし、むしろ性病検査してるセラピの方がそこらへんの一般男性よりもクリーンだから、是非みんな行ってみてほしいって思いますね。

 

若菜 うん、今もどんどん広がってると思うけどね。女風がAbemaTVで取り上げられたり、この前はマツコデラックスさんの深夜番組の『月曜から夜ふかし』で女風ユーザーが出たりしてたし、メディアで女風が取り上げられると、注目されるキッカケになるよね。

 

エイミ ハイハイ、その番組、たまたま見てた(笑)!

 

若菜 あとは今回のコロナ禍で収入減になって、副職でセラピを始めた男性はすごく増えたと思うんですね。人により様々ですが、切実にお金を稼ぎたくてセラピを始めた人は本気度が違うし、本職の方の本気度も増してる気がします。結果的に、質の良いセラピが増えたなって感じますね。

 

エイミ それはあるかもです。私が初めて利用した時の2年前とは明らかに質が上がった気がします!

 

愛衣 はい。実は顔面偏差値もどんどん上がってるように思いますね。イケメンめっちゃ増えてる! イケメンなのにテクもすごいって最強じゃないですか。

 

若菜 ねー。良い時代になったよね〜。セラピ同士で競争心を持ってしてお互いを高めてほしいですね。

 

セラピの顔面偏差値はもちろん質も上がった、と女風ユーザーの皆さん。今後、より女性向け風俗の認知度が上がり、利用する女性も増えていくことにより、業界全体の良い点が増えると良いですね。

 



オススメ記事