玉木&新田(東京萬天フォーティー)に伺いました!アフターコロナにこそ受けたい施術<女性向け風俗説明会>

大人の落ち着いた男性の雰囲気と、巧みなテクニックを求めたい女風ユーザー間で定評のある「東京萬天フォーティー」。今回は二人のバリキャリ女性がこちらで上位ランカーの新田さんと玉木さんに質問攻めいたしました。

「痛いんじゃなくて、嬉しくて涙が…」ランカーの最上級テクに興味津々

玉木 本日はよろしくお願いします。
 

新田 よろしくお願いいたします。自粛明けの大変な時期に説明会にお越し下さいましてありがとうございます。
 

なるみ(39歳、独身、美容院オーナー) 実は自粛期間中も本業以外の副業で忙しかったんで、全然自粛せず動き回ってましたね。
 

ありさ(44歳、既婚、エステサロンオーナー) 私も! チェーン店や数店舗展開のサロンも休業中だったから、そのお客がこちらにいらっしゃったって感じで忙しかったです。
 

玉木 そうなんですね。おふたりは女性用風俗にどんなご興味をお持ちですか?
 

ありさ 夫とのセックスもあるし性欲的には不満はないけど、物足りなさは常にあるんですね。たまには違う男としたいなとか、その機会があったとしてもそこらへんの相手だと信頼関係を築くのも面倒だし性病とかも怖い。女性用風俗ならお金で解決できるでしょ?
 

新田 そうですね。お客様の守秘義務はお守りしますし、性病検査も定期的に行っています。

 

なるみ でも、お客さん一人一人のカルテとかがあるんじゃないですか? それが流出とかしないのかなって。

新田 これは店によって作る場合とそうでない場合がありますが、当店では作成の義務はありません。セラピさん各々で工夫をされているとは思いますが、僕自身はそこはあまり意識していませんね。なぜなら、同じお客様でも要望が違うことがあるから。「今日は性感多めで」とか「マッサージは強めで」とか。
 

玉木 私の場合は、一応自分自身のスマホに匿名でその時々のご要望をお客様一人一人で記すようにしています。リピートをいただいた時にそれを見直し、その日の施術に活かします。
 

なるみ なるほど。どっちの考えも悪くないって感じですね(笑)。
 

玉木 でも、先ほどありささんは夫との関係ではどこか物足りなさを感じているとのことでしたが、どんな部分に感じるのですか?
 

ありさ 夫とのセックスはルーティーン化してるから、新鮮味もなければ気を失うくらいの絶頂体験もないし、つまらないなーって。
 

玉木 新鮮味を感じられるという点では我々のサービスはまさに適していると思いますね。なるみさんは女性向け風俗にどんなご興味がありますか?
 

なるみ 私も最近は安定したパートナーがいるのと、とくにハンティング欲も薄れているので欲求不満はないんだけど、女性用風俗って業界にいる男性はどんな方なのかって興味はある感じです。ところで、どんな新鮮味を感じさせてくれるのですか?
 

新田 そうですね…ある女性は施術後、涙を流しながら感激されていました。
 

ありさ うわー、それは新鮮すぎるわー。感じすぎて泣いちゃったってこと?
 

新田 感じすぎて、という状態かはわかりませんが、施術後にツツーッと涙を流されたので「痛かった? 大丈夫?」と聞いたら「痛いんじゃなくて、嬉しくて、涙が…」と言っていただきました。
 

なるみ 涙を流すほどの快感、きっとそれは満たされたのでしょうね。確かに新鮮です。

 “性感探しは最弱からのアプローチ”それはまるで“宝探し”のように…

ありさ でも涙を流すほどって、一体どんなテクなんだろうって気になる。
 

新田 テクニックと言いますか、心を込めてのフェザータッチの手技と舌技を駆使しております。
 

なるみ なるほど。玉木さんは?
 

玉木 私は手技ももちろん大事なのですが、雰囲気作りも重要視しています。こんな格好で待ち合わせをして、こんな風に責められたいであるとかのお客様一人一人の好みを大事にしたいと考えていますね。
 

なるみ でもその好みって一人一人全然違うし、それはどう知るんですか?
 

玉木 実はお客様の多くは希望を確認しても「お任せで」と仰ることが多いのです。最近ようやく、「責められたい」とか「スーツで来てほしい」と明確なご要望をいただける方も増えたように思います。ですので私たちセラピストは、求めるイメージがより明確だと、そのイメージ近づこうと努力させていただけるなあと、思ってはいるのですが。
 

ありさ そう、女性はやはり「さあ、クンニを30分してちょうだい!」なんて明確には言えないものですよ(笑)。

なるみ 言えない言えない(笑)。しかも女性も自分の体のどの部分が感じるだなんて、明確にわかってない人の方が多いくらいだし。
 

新田 そうなんですよね。ですので、そういう時は新田のフェザータッチで皆様の感どころをお探しするというわけなのです(笑)。
 

なるみ 私、男性にはすごい尽くしてほしいんですよ。痛くされるのは言語道断だし、全然気持ち良くないところを責められるのも嫌。そのフェザータッチはどんな感じなんですか?
 

新田 最弱の力で全身を探り、お客様の表情や声や体温などで良いところを探ります。
 

ありさ でもその男性の“最弱”ってのが、実は女性によっては“中から強近い中”くらいの力加減だったりするんですけど、そのあたりの強弱はちゃんとわかっていらっしゃるのかなって疑問なんですけど(笑)。
 

新田 はい、もちろんその力加減あたりは心得ているつもりです。最弱はもちろん、触る速度も極力スローに隈なく、を心がけていますね。

 

なるみ 玉木さんのテクニックも聞きたいですね(笑)。

玉木 かつて脇の下の胸のGスポットとも呼ばれる“スペンス入腺”の愛撫で気持ち良くなった方がいました。性感帯探しは宝探しのようなもの。一回イった後に足首をゆっくり触るとまたイキそうになった方もいました。一回イった後にこちょばくなる部分をゆっくり触ってあげると新たな性感帯になりやすいんじゃないかと思います。
 

なるみ 私、男性には尽くしてほしいんですけど、最後は一緒にイッてくれないと嫌なタイプなんですよ。本番はしないまでも、最後は発射はしてくれるんですかね?
 

玉木 はい、本番行為は違法行為なので行うことはできないのですが、やはり“一緒にイッてほしい”と望まれる方はいるので、そういう場合はお答えするようにしています。
 

なるみ じゃ、女性がフェラしてもいいんだ。

玉木 そうですね。「フェラが上手くなりたいから舐める練習をしたい」というようなお客様もいらっしゃいますね。とにかく我々は、どんなご要望がきても驚くことはありませんし、むしろ何でも仰っていただきた、という感じですね。
 

ありさ でも、NGがないってわけじゃないでしょう。
 

玉木 はい。もちろんご無理なものは「それはできない」ときちんとご対応させていただきます。私でしたら、カップル様からのご依頼は相談可能ですが、ダブルセラピという、セラピスト2名によるサービスはお受けしておりません。
 

新田 そうですね。そのあたりはセラピストそれぞれですね。自分はダブルセラピも問題はありません。
 

アフターコロナこそ「東京萬天フォーティー」のセラピの包容力に癒されたい
 

なるみ さっき仰ってた性病検査ってどのくらいの頻度でしているのですか?
 

新田 私は月1回くらいの頻度では行くようにはしております。
 

玉木 毎月、郵送で行える簡易検査を行った上で3ヶ月に1回は病院に行って検査も行っています。その結果結果をお聞きになりたいお客様は、セラピスト本人に確認したり、事前にお知りになりたい場合はTwitterのDMなどで確認することも可能です。
 

ありさ うん、やっぱり、それは遊び相手としてはかなり安心。
 

玉木 そうですね。そのように遊び相手と思って下さってもいいし、お客様にとって我々セラピストはどんな存在であっても良いというか。
 

ありさ でもお客さんの中には恋愛感情を持っちゃう子もいそうだよね。予約メールだけでなく、ちょっとした日常会話的なことをメールでやりとりなんかしてたら、「あれ? これってなんか付き合ってるぽくない?」って。

新田 そうですね、男女のドキドキが芽生えることも当然あります。でもその度合いはお客さんそれぞれで違います。割り切って楽しんでいらっしゃる方もいれば、その度合いが強すぎる場合はお客様側から離れて行ったり。
 

玉木 そうですね。自分はあくまでセラピストで彼氏ではないという自覚は常に持つよう心がけています。過度な期待を持たせるメールはしませんし、かと言ってお客様からの問いに素っ気なくすることもなく、あくまでセラピストという立場で対応させていただいています。
 

ありさ いやー、今回はね、どんなチャラ男が来るのかと内心思ってたけど、かなりふつーに会話ができる人達で、安心しました。
 

なるみ 私も(笑)。
 

ありさ やっぱりさ。コロナの今のような先行き不安な時は、ただ癒されたい。若い男に「いやあ、大丈夫っスよ!」って言われても「お前に何がわかる?」って思っちゃう。経験が多かったり落ち着いている人に「なんとかなるよ」って言われたいしね。
 

なるみ そうそう、アフターコロナで女性が男に求めるのは落ち着きや共感力や包容力とか、要するに父性的なもの。「東京萬天フォーティー」、これからますます流行るんじゃないですか?
 

新田 そう言っていただけると嬉しいですね。
 

玉木 そうですね。自分も本店から移籍してセラピ歴は3年目になりますが、今後も細く長くセラピストとしてやっていきたいので、今後も精進していくよう頑張ります。

 
いかがでしたでしょうか、「第三回 女性向け風俗説明会」。アフターコロナにこそ体験してもらいたい「東京萬天フォーティー」の、ただ若い男では味わえない大人の男の雰囲気作りにテクニック、きっと不安な心も、不安でガチガチに固まった体も、フワッと軽くなること間違いなしでしょう。
 

今後も「女性向け風俗説明会」は不定期連載いたしまーす。女性向け風俗が未経験で、でもちょっと興味があるという方からのご連絡お待ちしております。もちろん、お友達を誘ってもいいですよ~。
info@kaikan.news

 

■取材協力
「東京萬天フォーティー」
https://manten-tokyo40.com/

 

セラピスト:玉木
https://twitter.com/forty_tamaki

 

セラピスト:新田
https://twitter.com/r35nitta



オススメ記事