“快・楽・癒”な時間を過ごすための「セラピストの選び方」をベテラン女風ユーザーに聞きました

女性向け風俗を利用する際に最も悩むのがセラピスト選びですよね。今回は3人の女風ユーザーの皆さんに、セラピスト選びのコツを伺いました。

まず伺ったのは、セラピ選びの基準について。女風歴2年のある20代のユーザーさんは「顔が好みかどうか」を大前提としているようです。その上で、欠かせない大事な要素をチェックしているのだとか。 

「私のお気に入りのお店はどんな芸能人にそのセラピストさんが似ているかも記載されているので、それもチェックします。顔が公開されていない場合は、お店のプロフィールを見て「身長が170cm以上か」「細マッチョ」か、などをチェックします。

タバコの匂いは嫌いなので「喫煙者かどうか」ももちろんチェック。まあ、オーラルケアをしっかりしていれば問題ないのですが、喫煙者はどうしても首元や指などにも匂いがついているので、気になってしまいます」

そういった容姿をチェックした上で、「写メ日記やTwitterでの言葉遣いもチェックします。あまり荒々しい言葉遣いの人は好みません。文章でも丁寧で温かみを感じる方が良いです」とのことでした。

次に伺ったのは女風歴は同じく2年の40代のユーザーさん。忙しく仕事をしながら2人のお子さんも育てるバリキャリ女性です。セラピ選びで最も重要視しているのは以下2つのポイントだそうです。

■ポイント1
「写メ日記やTwitterからセラピストの仕事論を知ること」

この仕事を通し、お客様である女性達に幸せになってほしい、その瞬間だけでも休息してほしいというホスピタリティ精神をどのように持っているか、という点です。

それはまさに、私がこのサービスを通して得たいと思っていることなので大事な要素です。その記載から、セラピストの仕事に対するプロ意識が垣間見えるのも好きです。

■ポイント2
「同じくSNSなどから、その人のセンスとユーモアを知ること」

その人の目を通して見る、世界に散らばっている美しいものや可愛いもの、その人の趣味趣向に合うものを、SNSからちょっとお裾分けしてもらえると嬉しいですね。それを見て、私自身も「ふふっ」となったり、気持ちがフワッとアガるのも大事です。

最後に伺ったのは、ある人気セラピストさんから「この女風ユーザーさんはここ1、2年で出店ラッシュだった女風界を冷静に見ている感じがします」と推薦を受けた女風歴2年のユーザーさんです。

さすが人気セラピからの推薦を受ける女風ユーザーさんなだけに、セラピストの選定条件もしっかりとされています。まず大事にしているのは以下4点なのだとか。

①風俗営業許可の届出をしている店舗に所属している、または個人でも届出をしている方
②性病検査結果を定期的に公開している方
③セラピスト歴が半年以上の方
④お店の対応がしっかりしている

実は上記の①~③の条件を満たしているかをチェックするだけで、かなりセラピストが絞られるのだそうです。

そして「セラピ歴が半年以上かどうか」にこだわるのも、こんな理由があるそうです。

「2019年以降に女風店が雨後の筍のように増え、それと同時にセラピストを名乗る素人感覚の人も増えてきたことが理由です。そのようなセラピストさんは数か月でいなくなりますし、新規店も半年程度でなくなります。

それだけ女性客側がシビアに利用しているのだと思いますが、長く続けられているセラピストさんはリピーターさんも多いと思いますし、経験値もあると思います。個々の相性の差はあれど、サービスに安定感があるのでは、と思っています」

 ①~③の条件を満たした上で、以下の内容も重要視しているとか。

「写メ日記やTwitterなどの発言や内容をチェックするのはもちろんですが“他の方への返信の内容に人柄が出ることもある”ので要チェックです。また、ツイキャスなど動画配信では声質や喋り方の雰囲気がとてもよくわかりますよ」

そして最後の「お店の対応がしっかりしているか」もかなり大事です。

「もし何かトラブルがあった時のことを考えるとお店の対応も重要です。もし良いなと思うセラピストさんがいてもお店の対応が悪かったら利用は避けます。

今までの経験上で言うと①~③の条件に合うセラピストさんが所属しているお店は運営もしっかりされていると感じており、今まで私はお店の対応で嫌な思いをしたことはありません」

では実際にお会いした時のチェック項目はというと? ここからは皆さんの意見をまとめました。

まずは服装と清潔感! 髭が生えている方は整えているかも気になります。性感の際は、引き締まった身体であるかもチェックします」

「大事なのはエスコート力。待ち合わせからホテルまでの道のりで車道側を歩いてくれるかなど、男性としての気遣いをきちんとしてくれるかをチェックします。ホテルに着いてからもエレベーターに私を先に乗せてくれるか、部屋に入ってから室温や照明に気遣ってくれるか、こちらの体調を気遣ってくれるかも大事です。

また、お店によってサービスの流れが違うので「当店ではこうです」と説明して下さるかどうか、このあたりがしっかりできる方は施術サービスもハズレがまずありません」

 
ご自身の時間とお金を使って受けるサービスなのだから、後々イヤな思いは絶対にしたくないですよね。あるユーザーさんは言います。

「写メ日記やTwitterを読んだり、DMでお話をする中で、少しでも「あれ?」と思うところがあったら避けたほうが賢明です。将棋の羽生さんが「直感の7割は当たる」という名言を残されていますが、自分の直感を尊重した方が良い結果が出るように思います」

将棋界のスーパースター、まさにレジェンドがそう言うのだから間違いありません。女性が楽しく気持ちよくなるために、自ら選び取って楽しむのが女風なのだから、自分を信じて、その直感を大事にしたいものですよね。



オススメ記事