【女性用風俗小説46】~そのきにさせて~

「今度あった時絶対に教えるからさ____」

まただ。

アヤメくんを疑っている訳ではないし、お金を介しているし、ただのお客だってわかっている。わかっているけれどもう何回も(といってもまだ5回目)指名しているのにLINEを教えてくれないのはなぜだろう。アヤメくんを指名する前に気に入って呼んでいたマサオミくんはあったその日にLINEを教えてくれたのに。

けれど、と思い返してみる。マサオミくんにしょっちゅうLINEをしていていつのまにかブロックされていた過去がある。あたしは多分ひといちばい、いやひとにばいほど嫉妬深く貪欲だ。しかしお金を払っているのはあたしだしでもっと器用にあたしを利用できないかなぁって思う。LINE連絡をとりあえばお店を通さずにあえるわけでお店おちのお金だって彼にはいる訳だし。

あたしが逆の立場ならそうするよ。とは本人目の前にしていえやしない。

「そんなことよりもお風呂はいろ。お風呂」

お風呂ぅ? あたしはおどろいてしまう。いつのまにバスタブに湯をはったのだろう。

「ななちゃん〜、本当にかわいいんだから」

どうやら顔が多少のお酒のせいで赤らんでいるのだろう。頬赤らめて〜、とくつくつと笑う。

「うん。わかった。けど今日は絶対にLINE教えてもらうからね」

すっかり裸になっているアヤメくんの胸板が目に優しくない。この胸板に出会ったばかりにあたしは彼に狂ってしまった。アヤメくんはモテてモテてしょうがないのだろう。いつも予約で満員御礼状態。

バスタブに一緒に入り対面して抱きしめてもらう。そうして濃厚なキス。とろけそうな抱擁。無駄な肉のないその体躯はどうして保っているのだろうと身体の中をのぞきたくなる。

「やん、恥ずかしいよ」

あたしのおっぱいを揉み柔らかくて気持ちがいいといつもいう。天然物だ。とも。たまに天然物ではない子もいるようだけれど彼はそれはそれでいい個性だしね、とつけたし、女性は皆かわいいよとさらに続ける。

「けどね」

「けどね? ってなあに? ってもうそこはやだ。くすぐったい」

太ももに手をもっていきゆっくりと陰部をなぜるよう愛撫する。『手マンをする男など信じてはいけないよ』はアヤメくんの口癖。

「けどね____、」アヤメくんは話を続けた。納得をする文面に100点マークをあげた。その後たくさん愛してもらいホテルで別れた。

これでいい。これ以上望んではいけない。

「ホストの僕だけを好きになってくれればいいんです。ホストっていわゆるアイドル的なところじゃないですか? アイドルとはまるで違うけれどファン(常連)は大事にしたいから。あえてプライベートはあかさなしLINEばっかしてきても俺その子嫌いになっちゃいそうだし。まあめんどくさがりだからね。だからね。好きだからあえて教えないんです。逆にもう会いたいないって思ったら教えますよ」

クロールで100メートルを息継ぎなしで泳ぎきったよう一気にいいきった。アヤメくんはいいおえたあとはーはーと肩で息をしていた。

「そっか」

プロに徹しているなぁ。とほとんど感心をしたしますます彼を好きになり応援したくなった。

「また呼ぶ。いい?」



オススメ記事