【西洋占星術】Licoの12星座占い<2020年3月後半>

■おひつじ座(3/21~4/20)
まだ誰もやっていないことをやるのには勇気がいることです。味方は少ないかもしれません。けれども歴代の先駆者たちは皆とおった道。3月後半からのおひつじ座さんは、先駆者になる扉を開く可能性が十分にあります。意中の彼が良い刺激になってくれそうです!

 
■おうし座(4/21~5/20)
やろうと思ってから行動に移すまで時間が必要なタイプのおうし座さんですが、火星が後押ししてくれる位置に滞在中。あれこれ考えず、とりあえず行動してみると良い結果に恵まれたり、行動する中で更なるアイディアが浮かびそう。気になる彼にも思いきって自分からアプローチしても大丈夫な星模様です。


■ふたご座(5/21~6/20)
8ハウスの火星が影響して、ふたご座さんは性についての事柄にとてもアグレッシブになれるとき。積極的になんでも試してみようとする反面、相手を支配しようとしてしまう側面もあります。とくに感情が高ぶったときには客観視したりと注意が必要です。


■かに座(6/21~7/22)
新しい人脈が思いがけない良い話題を運んできてくれる気配。コミュニティの輪も広めやすい時期なので、少し億劫でも参加するのをお勧めします。社交的に行動すると気づかぬうちに、気を張るので親しい関係の異性には思いきって甘えてみましょう!


■しし座(7/23~8/22)
長所とはいつでも短所にもなりうる側面を持っています。しし座さんのように、思ったことをご自身の言葉で素直に表現できることは、ある意味特技と言って良いでしょう。しかし受け取る側によっては”わがまま”と思う人もいるようです。今あなたが好意を寄せている相手が何を考えているか分からないタイプの男性であれば、アプローチの熱量を少し下げるとうまくいきそうです!

 
■おとめ座(8/24~9/22)
引き続き愛と調和に満ちた天体のリンクがおとめ座さんに良い影響を与えます。性にまつわる事柄を深めるのにも良い時期です。例えば言葉攻めに挑戦するなど、まだ経験したことのない未知なものへの探究はあなたをとても楽しませてくれるでしょう。
 

 ■てんびん座(9/23~10/22)
限られた時間の中でどの人付き合いを何のために優先するべきか、そうではなく直感を信じて行動するべきかなど、何かと問われる場面に遭遇するかもしれませんし、かといって明確な答えも出ないかもしれません。答えが出ないことが答えであり、考えたり感じたりとすることが重要なようです。


■さそり座(10/23~11/21)
性の場において、本音を言うのには勇気が入りますよね。意中の相手にならなおさら。やってみたいこと、触ってほしい場所、嫌だったことなどあげたらキリがありませんが、3月後半は本音トークができそうな予感。あなたの言いたいことが伝わりやすく、受け入れられやすい星模様です。


■いて座/(11/23~12/21)
3月20日過ぎたあたりから徐々に視界が開けてきて、目的が明確になりそうです。その後一気にやりたいことや、やるべき課題が見えて、あなたは恋愛どころではなくなるかもしれません。良い刺激の彼ならどんな状況でもあなたの側にいるので、この時期はあなたのやりたい事を優先した方が良い星模様です。


■やぎ座(12/22~1/19)
3月後半、やぎ座さんと美を司る金星は調和の取れた良い関係性。あなたの中のキラリと光る女性らしく優しい部分に一目惚れする男性が現れるかもしれません!普段よりもハイライトを多めに入れたり、赤系のリップをチョイスすると更なる魅力アップとなりそうです。


■みずがめ座(1/20~2/18)
対人関係、彼との関係にズレが生じたり、すれ違ったりと悪気はないけれど噛み合わない場面に出くわす可能性があります。こんな時こそ本質が見えるときではないでしょうか。何かの選択を迫られる場合は、情報と知識が決断の役にたちそうです。


■うお座(2/19~3/19)

愛情表現は等身大で。自分にできることを、できる時に、できるだけ。それが相手にとっても心地よく、結果2人の関係はとても穏やかになりそうです。3月後半、会話よりもメールや手紙の方がロマンチックなムードになりやすく、あなたを楽しませてくれるでしょう!絵文字の使いすぎには要注意です。



オススメ記事