【R18診断】献身的な執事タイプのHIDETOさん(Gentleman TOKYO)

R18診断とは

カラダの相性と適性を筆跡で知る診断。

「春都秋冬様 大吉黒様」という2行9文字の漢字を手で書くだけでカラダの相性と適性が見えてきます。

セラピストのプロフィールや写メ日記、外見からでは分からない感情や官能、本性が浮かび上がらせることにより、

ユーザーの皆様にセラピストを選ぶ際に、ひとつの判断材料として、お役立てください。

今回、診断を受けたのは「献身的な執事タイプ」のHIDETOさん(Gentleman TOKYO) 

まずは青で囲った部分に注目です。

「春」のなかにある「日」・大吉の吉の中にある「口」の四角形。

テレビ画面のように、横に長い長方形をしています。

これは、自らが動いて、相手になにかしたい。

という気持ちが強い人が書く文字の特徴です。

たとえば準備はもちろん、服を脱がす、身に着けているものを外して、置いておくなど、率先して、細かいところまで、相手に奉仕します。

 次に赤で囲った部分です。

「春都」と「秋冬」の間の間隔が空いています。

そして、「大吉」「黒様」の間に間隔が空いています。

 これは施術を進めていくときに、句読点を打っていきたいタイプです。

ひとつの動作が終わると、慌てることなく一休み。

けっして、相手を焦らせることなく、区切りをつけながら、行為を進めていくタイプでしょう。

 三つめは、黄色で囲った部分です。

「黒」のれっか部分、「様」という文字が続け字で書かれています。

これはカラダとカラダを密着させるのが上手な方です。

つながっていたい、触れあっていたいという気持ちが強いです。

心地よい触り方を知っている方でしょう。

  

■こんな方はぜひ、HIDETOさんと出会ってください。

ゆっくりとした時間や空間を楽しみたい方はぜひ、HIDETOさんと出会ってください。

HIDETOさんは施術を進めていくときに、一気にはものごとを進めません 

ひとつひとつ、段階を経て、相手の心地よい触り方に気づきながら施術を進めていくタイプでしょう。

けっして、相手を焦らせることなく、区切りをつけながら空間を演出します。

短い時間ではなく、むしろ長い時間、まったりと施術をすすめていきます。

ただ、ダラダラ過ごすわけではなく、率先して、細かいところまで、テキパキと動いて奉仕します。

だから献身的な執事タイプのセラピスト。

 

※セラピストの方で私も診断を受けたいという方は下記よりご連絡お待ちしております
info@kaikan.news


【診断士プロフィール】
植田靖章(ウエダ セイショウ):レンタル(出張)占い&カウンセラー。
R18診断という日本で唯一の、カラダの相性・適性診断をします。
姓名判断士・国家資格キャリアコンサルタント取得。
執筆のほか、ホームパーティや披露宴、女子会に出張依頼承ります。
ご依頼・ご質問・ご相談は、お気軽にツイッターDMまで。
https://twitter.com/seishouueda



オススメ記事